老若男女に愛される日常のパンがぎっしり
店主の清水昭さんは、食品会社で研究職を務めた後、その経験を活かしてパン職人の道へ。1998年、千葉県流山市に店舗をオープン。ブルーベリーの青色がシンボルカラーのこじんまりした店内には、100種以上のパンが所せましと並びます。本場仕込みのベーグルのほか、開店以来絶やさず育てる自家培養天然酵母を使ったハード系のパン、フルーツやナッツがたっぷり入ったペストリーやマフィンも人気。親しみやすい雰囲気で、親子2代で通うファンも多数。

お店情報

応援コメント

福地寧子

味のあるご主人が、食材や製法にこだわりを持ってパンを作り続け、まもなく四半世紀を迎えるパン店。食事系から菓子パン、惣菜パンまで多種を揃え、どのパンにも固定ファンがいるほど!中でも、特に支持率が高いベーグルは、開業以来不動の看板商品です。