古都・西安のリアルな食文化を体感
西安麺荘 秦唐記(セイアンメンソウ シントウキ)は2018年、東京・八丁堀にオープン。中国出身オーナーとシェフの「故郷・西安の食文化をより多くの人に広めたい」との思いから、本場そのままの味を提供。日本でいち早く手打ちビャンビャン麵を紹介し、その人気を牽引しています。麺打ちの音をBGMにいただく本格的な料理の数々に、リピーターが続出。現在は都内に4店舗を展開、イベント出店やメディア出演も多数。

お店情報

応援コメント

サトタカ(佐藤貴子)

「西安麺荘 秦唐記」はビャンビャン麺人気を牽引してきた専門店。今ではさまざまなスタイルのビャンビャン麺がありますが、手打ちじゃなければビャンビャン麺じゃない!そんなこだわりが伝わります。店で食べ、自分でも麺を伸ばせば楽しさひとしおですよ。