もともと味噌煮込みうどんは、豆味噌の味噌汁に小麦粉を練って作っただんご、いわゆる「すいとん」やぶつ切りにしたうどんを入れた素朴な家庭料理。それを熱々の土鍋で、当時は高価だった卵や鶏肉、そして八丁味噌を使って商品化させたのが、『大久手山本屋』の源流となる創業大正14年の名古屋・大須『山本にこみ』。100年近く経った今も味や製法はまったく変わっていない。だからこそ、時代を越えて今もなお愛され続けているのだ。

お店情報

応援コメント

永谷正樹

味噌煮込みうどんのみならず、味噌おでんや味噌串カツ、手羽先など名古屋名物も豊富に用意されていて、どれも専門店に負けず劣らずのレベル。ここ『山本屋 大久手店』だけで名古屋の食を堪能できるのも魅力。