江戸時代後期の文化3年(1806年)、栃木・さくら市にて創業。11代目・薄井一樹さんが実現させたのが「ドメーヌ化」でした。 蔵の仕込み水と同じ水脈上にある、地元の田んぼで収穫した米を原材料としながら、土地の風土を生かします。つまりテロワールを重視したのです。さらに、江戸時代の醸造環境をたどり、オーガニックの原料米・生酛造り・完全酵母無添加・木桶を用いた、「古くて新しい」自然任せの酒造りをおこなっています。

お店情報

応援コメント

松本日出彦

仙禽さんは、日本酒の新しい味わいのステージを切り開いてきたパイオニア。蔵の地下水と、地元の米を美しく表現した味わいは唯一無二。日本の恵まれた自然環境を最大限に活かし、日本酒の魅力をこれからも発信し続ける日本酒蔵です。



応援コメント

2人が応援しています

タカサト

仙禽さんに出会えて酒が好きになりました。今から到着がワクワクです!

カイ

応援しています。これからも美味しい商品期待しています。

全てのコメントを見る

このShopの関連記事

酒職人・松本日出彦 武者修業の裏ストーリー 僕らの晩酌、栃木流。

僕は生まれ育った「松本酒造」を去り、 酒造りの武者修業に出ている。 声をかけてくれたのは、 オリジナリティを確立している 5蔵の蔵元たち。 彼らと日々、過ごす中で見えてきたこと。 それは日本酒がある地方ならではの景色、 人との交流、その土地にしかない 「酒と飯」の旨い出合いだ。 栃木・仙禽で造らせてもらったのは コラボ酒「仙禽×松本日出彦 オーガニック・ナチュール」。 この酒には、仙禽のお膝元・さくら市の名物 「ヤシオマス」と「鮎甘露煮」がピタリと合った。 この地ならではの、味わいのハーモナイズに どっぷり酔いしれてほしい。 ...この記事を見る