萬谷浩一シェフ率いる、関西屈指のフレンチレストラン。「素材、というより育てている人に会ってみたい」と、生産者との結びつきも深く、いいと聞けば野へ山へとフットワークも軽い。そんな萬谷シェフは、ナチュラルワインというカテゴリーがなかった90年代後半から、ナチュラルな造りがなされたワインを扱い続けてきた料理人。そのエキス感のある最高の一杯に合わせ、素材の生命力漲る、迫力ある料理を楽しませてくれる。

お店情報

応援コメント

ヘベレケ・カオリン

関西フレンチ界の巨匠・萬谷浩一シェフによる味づくりとは…。フランスの根っこを感じる皿があれば、ナチュラルなワインが心地よく寄り添う、食材のパワーが漲る料理も。大きなテーブル1卓だけのフロアは、食べて元気になれる場所。レストランの語源・レストレ(回復させる)という、食の原点を感じさせてくれます。