参鶏湯専門店「韓国食堂 入ル」のテーマはずばり「韓国食堂入ルを、日本の蔘鶏湯の聖地に!」。店主の山崎 一さんは「母であり、師匠の味を受け継いでいます」と話します。その師匠とは、鶴橋にある完全予約制の韓国料理店「韓味一」店主の朴 三淳さん。韓国調理技能士一級の免許を取得した、初の女性料理人です。入ルでは、韓味一の参鶏湯をはじめ、朴 三淳さん直伝の自家製キムチやナムルなど一品料理も豊富に揃います。京都・御所南と東京・恵比寿には、姉妹店もあり。

お店情報

応援コメント

ヘベレケ・カオリン

大阪・鶴橋にある老舗韓国料理店「韓味一」の姉妹店が「韓国食堂 入ル」。創始者・朴 三淳(パク サムスン)さんから受け継いだ「韓味一の蔘鶏湯」がスペシャリテであり、「母から受け継いだ味は、キムチや韓国海苔などの一品料理にも」とはオーナーの山崎一さん。一子相伝で引き継がれた韓国​料理の数々を堪能できます。