日本海に面し、名峰・鳥海山がそびえる北の地で、1964年(昭和39年)年から続く町の中華屋「園食堂」。ここでしか食べられない味を求めて、全国各地からファンが訪れるほどです。 店主夫婦の娘さんが、「父の味を一代では終わらせない!」と25年間封印されていた名物餃子を復活。もうひとつの看板メニュー「肉タンメン」は、2020年10月に埼玉県上尾市に開店した2号店で扱うように。守り続けたい、知られざる絶品グルメをぜひどうぞ。                           

お店情報

応援コメント

GOOD EAT CLUBバイヤー・向田

創業以来58年地元の皆様に 支えられ、愛されてこれまで夫婦二人だけで園食堂を営業。
月日が流れ店主も傘寿を迎え体力にも衰えが見られている。
ただ、地元の皆様から「いつまでも続けてほしい」という有難い言葉が多数あり、
実の娘さんが何とか園食堂の味を残すべく奮闘し「幻の肉餃子」を商品するに至った。