『スパゲッティ・ハウス ヨコイ』は、現店主の横井慎也さんの祖父、博さんが1963年に開業。名古屋国際ホテルの洋食部門でシェフとして腕を振るっていただけに、ソースのベースとなる牛肉や香味野菜の風味とトマトの酸味、そして、ピリッときいたコショウのバランスがどの店よりも秀逸。さらに、トッピングの海老フライやハンバーグ、カニクリームコロッケも洋食店の味そのもの。巷のあんかけスパ専門店とは完全に一線を画している。

お店情報

応援コメント

永谷正樹

名古屋にはあんかけスパ専門店のほか、看板メニューにあんかけスパを出している喫茶店もある。街のいたるところで食べられるわけだが、やたらと辛かったり、逆に辛さが控えめだったりと、その味は千差万別。店ごとに熱狂的なファンがいて、支持する店の味をめぐって論争が勃発することもあるが、かく言う私は、誰が何と言おうとヨコイ派である。