1955年(昭和30年)、北新地の路地裏で初代の浦上恵美子さんが開業。当初はおでん等も提供していましたが、小さく包んだ餃子が評判になり、次第に餃子専門店へと発展。その後、ひとくち餃子発祥の店として広く親しまれるようになりました。 現在は2代目の浦上剛さんが変わらぬ美味しさを継承。パリパリに焼かれた餃子をひとくちでほおばれば、餡の旨味が口いっぱいにジュワ〜っと広がり、気づけば一個、また一個と箸が止まりません!

お店情報

応援コメント

GOOD EAT CLUBバイヤー・松本孫衛

お店で提供されるメニューは、餃子、突き出しで出てくる漬物、そしてお酒類のわずか三つ! 餃子を全ての中心に置いています!手作りならではの餡と皮の優しい密着感がより餡の旨味を引き立てます!