「松前鯖鮨」だけでなく、旬の一品料理から、少し甘めのシャリの関西らしい握りまで。名物の「えりまき穴子」は、タレに漬けてから焼いた穴子を、襟巻のようにシャリにくるりと巻いたダイナミックな一品。筆書きメニューに価格表記はないが、飲んで食べてひとり1万2000円〜1万5000円ほど。

お店情報



応援コメント

2人が応援しています
ichi hiro

ichi hiro

応援しています。これからも美味しい商品期待しています。

kozotty

kozotty

鯖鮨もぽん酢も最高に美味しいです!コロナが落ち着いたら絶対にお店にも伺います。

全てのコメントを見る

このShopの関連記事

ヘベレケ・カオリンがゆく、今夜は名店飲み【英ちゃん 冨久鮓】

1世紀以上の時を刻んだ老舗には、 人と街に揉まれた唯一無二の空気がある。 呑んべえのワタシは、 そんな名店に憧れ、そして沼にハマってゆく…。 さぁて、今宵はふらりミナミへ。 大正6年創業の寿司割烹 「英ちゃん 冨久鮓」で、 知られざる名作「松前鯖寿司」を ご紹介しよう。 ...この記事を見る

とにかくポン酢を語らせろ 【大阪編】

ポン酢が好きでしょうがない。 あのまぁるい酸味と じんわり広がる醤油のコク、 柑橘の清々しい香りに、 ついついニンマリしてしまう。 鍋の相棒としてはもちろん、 お造りにサラダ、揚げ物、肉料理に…… とマルチプレーヤーなホンマに偉いヤツ。 大阪人にとってポン酢とは、 一途な恋そのものやと思う。 「ウチではコレしか使わへん!」て、 お家ごとに“マイ・ポン酢”があるし、 作り手は自分とこのポン酢が一番と、 主張してやまないこと。 そこには、昔ながらの 食文化と風土が育んだ、 大阪らしい味わい深さがあるのだ。   ...この記事を見る