浅草 飴細工 アメシン 東京スカイツリータウン・ソラマチ店

約90度の熱い飴が、みるみるうちに動植物へと形を変えていく。その流れる手技は思わず息を飲んでしまいます。 江戸時代、広く庶民に親しまれた飴細工。棟梁・手塚新理(しんり)さんは「この文化を後世に伝えたい」と職人の道へ。独自で研究を重ね、空気を含まない飴を整形する技術を確立。不透明なものが一般的な中、透明でつやっとした飴細工を生み出しました。 店頭では実演も行われ、体験教室なども。美しい飴の世界を体感できます。

お店情報