「小江戸」とも言われる川越では、古くから土壌を健全に保つために大麦を植えていたとか。この大麦を使ったビールを作りたいというのがCOEDOの着想の原点。そして規格外のため廃棄されるサツマイモを活用し、ビールを完成させます。地元の農作物を有効活用したいというサステナブルな思いは、「紅赤-Beniaka」をはじめとした商品の中に脈々と息づいています。季節に合わせた限定ビールも発売予定なので、COEDOの新しい味わいにも注目です!

お店情報

応援コメント

GOOD EAT CLUBバイヤー・桑本

ソーシャルグッドなブルワリーのパイオニア。サツマイモというめちゃ庶民的な素材から生まれた原点、紅赤をはじめ個性的なスタイルが全6種、さらに季節限定の商品も毎年精力的に開発。未体験の方はこの機会にぜひ!



応援コメント

1人が応援しています
まー坊

まー坊

応援しています。これからも美味しい商品期待しています。

全てのコメントを見る