¥1,836 税込

  • セット
数量

お届けエリア・温度帯により送料が異なります。
お届け日の指定がない場合は、注文当日から4営業日以内に発送いたします。
一部、対象外の商品もございます。
同じ発送元かつ同じ温度帯なら、複数商品を買っても送料は1回分になります。

Tabebitoのコメント

楠本修二郎

毎日の家ごはんに活躍すること間違いない、料亭仕込みの逸品たちです。お茶漬けのもと、ふりかけ共に、 素朴で優しい味わい。一度使うと手放せません!

この商品をシェア

  • LINE
  • note
  • Twitter
  • Facebook

人気商品をセットに! 料亭仕込みの、家ごはんの友

大正元(1912)年創業の名料亭・菊乃井 本店。3代目主人・村田吉弘さんは、『和食』 のユネスコ無形文化遺産登録に尽力した料理人です。

和食を世界に発信すると共に、後世に伝え継ぐことをライフワークとしています。「料亭仕込みのほんまもんの味をご家庭で」と開発した商品の数々。村田さん曰く「乳幼児などお子さんをはじめ、年配の方にも食べてもらえるもんを作っています」。

中でも人気の2商品「お茶漬けのもと」と「ふりかけ」をセットにして、GOOD EAT CLUB で販売いたします!

「お茶漬けのもと」は、白いり胡麻、ぶぶあられ、海苔、食塩のみというシンプルな原材料。塩分が控えめなので、塩昆布やちりめん山椒などとも相性バッチリです。

「ふりかけ」は、白胡麻の香り、削り鰹のうまみが引き立つよう配合。香ばしくも素朴な味わいは、温かいご飯に、おにぎりにも最適です。


※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。
※弊社では、賞味期限までの期間の3分の1が過ぎるまでを販売期間としているため、お届けする商品の賞味期限にばらつきが出る場合があります。ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。詳しくはこちらをご確認ください。


商品名

「お茶漬けのもと」と「ふりかけ」セット

配送方法

常温

原材料

【お茶漬けのもと】
白いり胡麻(白ごま(グアテマラ産))、ぶぶあられ、海苔、食塩
 
【ふりかけ】
白いり胡麻(白ごま(グアテマラ産))、削り鰹、海苔、食塩、醬油、みりん、粉末水飴/調味料(アミノ酸等)(一部に小麦・大豆・ごまを含む)

内容量

【お茶漬けのもと】
95g
 
【ふりかけ】
80g

賞味期限・消費期限

常温で180日

保存方法

直射日光、高温多湿を避け常温で保存して下さい。

製造所

株式会社祇園むら田 京都府京都市東山区祇園下河原町478

販売者

株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F

栄養成分表示

【お茶漬けのもと】100g当たり
エネルギー522kcal
たんぱく質18.1g
脂質37.6g
炭水化物38.0g
食塩相当量0.5g
 
【ふりかけ】100g当たり
エネルギー502kcal
たんぱく質28.9g
脂質37.5g
炭水化物22.4g
食塩相当量4.6g

アレルギー情報

【お茶漬けのもと】
ごま
 
【ふりかけ】
小麦、大豆、ごま

返品・交換について

商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願いいたします。

●商品の破損・商品違い
取り扱いには万全を期しておりますが、万が一「破損」や「不良品」がございましたら、商品の到着から2日以内にお問い合わせフォームからご連絡ください。

●お客様都合の返品・交換・キャンセル
商品の特性上お客様都合での返品・交換・返金はお受けすることができません。

送料・配送について

●送料
お届けエリア・温度帯により送料が異なります。

●配送
ヤマト運輸にて温度帯に応じて配送方法が異なります。
現状、海外配送には対応しておりません。
決済後の配送先は変更できません。
配送元が異なる場合は、同じお店の商品でも別々の配送となります。

京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町 459

075-561-0015

大正元(1912)年創業、京料理・懐石料理の名料亭。「料亭は大人のアミューズメントパーク」とは日本料理の真髄を世界へ発信する、3代目主人・村田吉弘さん。豊かな緑に囲まれた建物は、江戸末期の数寄屋建築。貴重な美術品を設えた店内で、手入れがなされた庭を臨みながら、京都の風雅と四季の恵みを味わうことができます。

https://kikunoi.jp/kikunoiweb/Top/index


この商品を紹介している記事

食で未来をつくる。 食を未来に繋いでいく。 GOOD EAT CLUBのスタートにあたって、 京都で日本料理の伝統を守り続けている 3人の名料理人をご紹介したい。 菊乃井の村田吉弘さん、 京都吉兆の徳岡邦夫さん、 瓢亭の髙橋義弘さん。 言うまでもなく、 ミシュランで3つ星を取り続けている 名店ばかりだ。 彼らは、「うまみ=UMAMI」が 世界中で注目を集めることになった、 立役者の3人といっても、 言い過ぎではないと思う。 僕は日本料理の「UMAMI」が 世界を救うと本気で思っている。 ローカロリーでヘルシーでありながら おいしい日本料理を支えているのが、 「UMAMI」に他ならないからだ。 そんな「UMAMI」に命をかけている 3人の話を読んで欲しい。 きっとあなたも「UMAMI」を 未来に繋いでいくべきだと 思ってくれるだろう。 ...この記事を見る

フリーランスになりたての時期に自粛生活が始まり、いろんな意味で、会社員だったころの日々とは生活が激変しました。 毎日早朝の地下鉄に揺られていたころは、寝不足で下がりかけた瞼をなんとかこじあけながら「おうちで仕事できたら幸せなのに……」と夢見ていたけれど、いざ自宅でのリモートワークが始まると、案外慌ただしい。 真っ先に犠牲になったのは、ご飯の時間。買い物に出るのも億劫だし、ついついランチをスキップしてしまうこともしばしば……。 まだまだしばらくは続きそうなこんな日々。まずは自分の身体を大事に、しっかりご飯を食べるところから変えていきたいと思っていたところで出会ったのが、清左衛門の「贅沢茶漬け」です。...この記事を見る