和風香辛料の老舗・やまつ辻田「実生柚子ぽん酢」

売り切れ
¥1,080 税込

送料 : ¥1,000

Tabebitoのコメント

ヘベレケ・カオリン

安心安全な素材を徹底した、飲みたくなるくらい優しいポン酢。味の違いが分かる大人はもちろん、ぜひ子どもたちにも知ってほしい逸品です!

  • 本数

ご注文商品によって発送場所および発送時期は異なりますので、購入時に商品ページ上でお届け予定日(目安)をご確認ください。
同じ発送元かつ同じ温度帯の場合、複数商品の購入でも送料は1回分になります。

この商品をシェア

栽培期間、農薬不使用原材料の醤油、酢、柚子を使った自然派ポン酢。

大阪・堺にある和風香辛料の老舗・やまつ辻田。ご主人・辻田浩之さんが「食の安全を追求した、原材料だけで作りました」と熱く語る逸品が、「実生柚子ぽん酢」だ。

たとえば原材料のひとつである醤油の醸造に欠かせない大豆は、農薬や化学肥料に依存しない「MOA自然農法」を徹底。さらに、高知・北川村の柚子農家が代々守り続ける、栽培記録の取れた実生柚子(無農薬)、その絞り汁を360mlのポン酢に100ml以上使う。

いやはや、この実生柚子そのものが希少。柚子には接木(つぎき)と実生(みしょう)と呼ばれるものがあり、実生柚子は、種から育てると実がなるまで20年の年月を要するのだ。

「えぇ材料しか使っていません」と辻田さんが言うだけあり、京都・宮津『飯尾醸造』の無農薬米から造る純米富士酢、兵庫・龍野『末廣醤油』の本醸造醤油、京都のだし専門店『うね乃』の出汁。原材料の1つ1つに、“ほんまもんの味”をとことん追求する、辻田さんならではの矜持が窺えるのだ。

実生柚子ならではのふくよかな香り、厳選した原料の素材らしさが生きた優しい味わいです。

【鍋だけじゃないこんな食べ方】
湯豆腐や、湯がいただけの野菜などシンプルな料理にさっとかけて。干し魚とも好相性。独特の臭みが消え、魚のうまみが際立ちます。



※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。
※弊社では、賞味期限までの期間の3分の1が過ぎるまでを販売期間としているため、お届けする商品の賞味期限にばらつきが出る場合があります。ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。詳しくはこちらをご確認ください。

同じテーマの商品を探す

商品名

実生柚子ぽん酢

配送方法

常温

原材料

本醸造醤油(国内製造)、柚子果汁、純米酢、粗糖、鰹節、昆布
(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

内容量

360ml

賞味期限

製造日から半年

保存方法

直射日光・高温多湿を避けて保存してください。

製造所

㈱飯尾醸造 大阪府堺市中区福田280

販売者

株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F

栄養成分表示

1本360mlあたり
熱量 244.8kcal、たんぱく質 11.5g、脂質 0.4g、炭水化物 50g、食塩相当量 18.4g

使用上の注意

 開栓後は冷蔵庫で保存いただければ色・香り共に長く保持されます。

調理法

■ぽん酢ジュレの作り方
材料
・実生柚子ぽん酢 60ml
・板ゼラチン 1枚(1.5g)
------------------------------------------
1.板ゼラチンを水につけて柔らかくしておく。
2.鍋にぽん酢を入れて温まったらゼラチンを入れ、溶けたら器に入れて冷蔵庫で冷やす。
※板ゼラチンは50~60度で溶けますから沸騰は禁物です。
・スチーム野菜:白菜、さといも、白身の魚などにジュレをのせて食しますとまろやかさが引き立って美味です。
・大根おろしといくら、辛子菜とジュレを和えますと彩りがきれいでふくよかな香りのぽん酢にぴったりです。
実生の柚子の素晴らしい香りをお楽しみください。

小麦、大豆

●送料
お届けエリア・温度帯により送料が異なります。

●配送
ヤマト運輸にて温度帯に応じて配送方法が異なります。
現状、海外配送には対応しておりません。
決済後の配送先は変更できません。
配送元が異なる場合は、同じお店の商品でも別々の配送となります。

商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願いいたします。

●商品の破損・商品違い
取り扱いには万全を期しておりますが、万が一「破損」や「不良品」がございましたら、商品の到着から2日以内にお問い合わせフォームからご連絡ください。

●お客様都合の返品・交換・キャンセル
商品の特性上お客様都合での返品・交換・返金はお受けすることができません。

大阪府堺市中区福田280

072-236-1223

かつて『鷹の爪』の一大産地として栄えた堺市にて明治35(1902)年創業、和風香辛料の老舗。4代目・辻田浩之さんは国産『鷹の爪 純粋種』を守り伝えることに心血を注ぐ。素材の旬を見極めながら辻田さん自らが調合する「極上七味」、「石臼挽き朝倉粉山椒」など和風香辛料は、国内外のトップシェフたちも厚い信頼を寄せる。

https://www.yamatsu-tsujita.com/index.html

この商品をシェア




この商品を紹介している記事

ポン酢が好きでしょうがない。 あのまぁるい酸味と じんわり広がる醤油のコク、 柑橘の清々しい香りに、 ついついニンマリしてしまう。 鍋の相棒としてはもちろん、 お造りにサラダ、揚げ物、肉料理に…… とマルチプレーヤーなホンマに偉いヤツ。 大阪人にとってポン酢とは、 一途な恋そのものやと思う。 「ウチではコレしか使わへん!」て、 お家ごとに“マイ・ポン酢”があるし、 作り手は自分とこのポン酢が一番と、 主張してやまないこと。 そこには、昔ながらの 食文化と風土が育んだ、 大阪らしい味わい深さがあるのだ。   ...この記事を見る

俺はアホだった……。 何十回も出張で大阪へやって来ていたのに、 知らなかったコトがあった。 それは、大阪には、 『日本の味の守り人』が 神のように存在していたのです。 『天下の台所』と称された大阪には、 日本中の美味しいが集まってきた。 時代が変わりゆくなか、 美味しい歴史を途絶えさせることなく 『調味』を続けてきたのです。 『調味』とは、味覚やフレーバーを ハーモナイズする『匠の技』。 今回は、『調味』に命を捧げる、 名職人たちをご紹介しようと思います。 第1回目は、『やまつ辻田』 4代目店主、辻田浩之さんから。 ...この記事を見る

「そうだ、今日はサウナに行こう。」 仕事中にそう思いつくと、途端に仕事がはかどりだす。 ほっかほかになった身体で水風呂に飛び込んで、 ビールとおいしいごはんをかきこみたい……! そんな私の願いをかなえるべく、 今日は、シンプルで、栄養満点で、 ガッツリ満腹感のあるサウナ飯をつくります! ...この記事を見る

僕は今、焼肉に対する 価値観の変化を感じています。 「高級」「希少部位」といった 「リッチでゴージャスな焼肉」もいいけれど、 今、みんなが求めているのは 「カジュアルに美味しく焼肉を食べたい」 「気の合う仲間たちと肉を焼きたい」ってこと。 高級じゃなくてもいいから もっと自由に「肉・タレ・酒」で遊びたい! 僕らはそんな価値観と時代の空気を大切に、 新しい焼肉の選択肢、 「焼肉第4世代」を考えたいんです。 焼肉店を営んでいた両親に育てられ、 親戚もみーんな焼肉屋。 まさに焼肉と共に育ってきた僕、大山による 勝手な分析に基づく焼肉世代論と、 今キテる“第4世代的”な おうち焼肉の楽しみ方を ちょっと語らせてください! ...この記事を見る

冬の定番といえば鍋。 簡単に作れるから頼りがちですが、 味に飽きやすいのが玉にきず。 そんな時は、付けダレをいくつも用意して 一口ごとに味を変えると◎ おいしいポン酢があれば いつものお鍋もエンドレスに楽しめます! ...この記事を見る