天日干しどんこ椎茸と昆布の相性に驚く

椎茸入り佃煮(2袋)[こんぶ土居]

残りわずか
¥1,400 税込

送料 : ¥1,000

今ご注文で最短10/6〜10/8にお届け予定
※お届け先住所によって異なります

Tabebitoのコメント

楠本修二郎

天然真昆布と、どんこ椎茸のうまみの相乗効果を堪能できます。ほんのり甘めのホッとできる味わい深さ。山と海の恵みの見事なハーモニーを!

  • 袋数
    1. 今ご注文で最短10/6〜10/8にお届け予定
数量

お届け日の指定がない場合、注文から1-7営業日以内に発送します。
一部、商品名に(月曜21時締切|金曜発送)などの記載がある場合は、そちらが優先されます。
同じ発送元かつ同じ温度帯の場合、複数商品の購入でも送料は1回分になります。

この商品をシェア

天日干しどんこ椎茸と昆布の相性に驚く

大阪・空掘商店街で、明治36(1903)年創業のこんぶ 土居。天然真昆布や昆布加工品を扱う老舗です。4代目の土居純一さんはこう話します。

「僕に課せられたテーマは『ほんまもんの食』を未来へ繋いでいくことだと思っています」。店の奥には厨房があり、真昆布を軸にした商品の製造もおこなっている。

土居さんが生み出す商品は、カラダの奥底にまでじんわ〜りと響く、滋味深さを感じます。おそらく、アミノ酸等の化学調味料などで人工的に強く味付けした食品に慣れた方は、物足りないと感じることもあるはず。だからこそ、自然の素材そのものの味を感じることができるのです。

昆布佃煮には、漁獲量激減によって幻の高級品となった道南・白口浜の「天然真昆布」を使っています。天日干しにした静岡産・どんこ椎茸とともに、厳選した調味料で炊き上げた品が「昆布佃煮 椎茸入り」です。

調味に使う材料は、鰹と昆布からとっただし、醤油、麦芽水飴、北海道産の甜菜糖、みりん、純米酒……と自然なつくりがなされたものばかり。

【土居さんオススメの食べ方】
ご飯のお供に、お茶漬けにもどうぞ。


※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。
※弊社では、賞味期限までの期間の3分の1が過ぎるまでを販売期間としているため、お届けする商品の賞味期限にばらつきが出る場合があります。ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。詳しくはこちらをご確認ください。

同じテーマの商品を探す

商品名

昆布佃煮 椎茸入り

配送方法

常温

原材料

天然真昆布(北海道函館市白口浜産)、丸大豆醤油(国内製造)(大豆、小麦、塩)、原木干椎茸(静岡県産)、麦芽水飴(大阪府製造)、たまり醤油、伝統味醂、甜菜糖、濃縮だし(真昆布、鰹節、煮干)、純米酒、和三盆糖

内容量

80g

賞味期限

製造日から40日

保存方法

冷暗所(20℃以下)

製造所

(有)こんぶ土居 大阪市中央区谷町7丁目6番38号

販売者

株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F

栄養成分表示

100g当たり
熱量125kcal
たんぱく質4.5g
脂質0.5g
炭水化物33.5g
食塩相当量4.4g

調理法

【土居さんオススメの食べ方】

ご飯のお供に、お茶漬けにもどうぞ。
 

小麦、大豆

●送料
お届けエリア・温度帯により送料が異なります。

●配送
ヤマト運輸にて温度帯に応じて配送方法が異なります。
現状、海外配送には対応しておりません。
決済後の配送先は変更できません。
配送元が異なる場合は、同じお店の商品でも別々の配送となります。

商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願いいたします。

●商品の破損・商品違い
取り扱いには万全を期しておりますが、万が一「破損」や「不良品」がございましたら、商品の到着から2日以内にお問い合わせフォームからご連絡ください。

●お客様都合の返品・交換・キャンセル
商品の特性上お客様都合での返品・交換・返金はお受けすることができません。

大阪府大阪市中央区谷町7-6-38

06-6761-3914

昔ながらの長屋が残る、空堀商店街にある、天然真昆布や昆布加工品を扱う老舗。「伝統を大切にしながら、時代に合った便利な製品の開発、お求めやすい価格の新製品など、常にお客様の立場に立った食品づくりを心がけております」とは4代目店主・土居純一さん。

http://www.konbudoi.jp/

この商品をシェア




この商品を紹介している記事

俺はアホだった......。 何十回も大阪へ来ていたのに、 知らないコトがあった。 かつて「天下の台所」と呼ばれた大阪には、 今もなお「CHOMI–調味-」に命を捧げる名職人たちが、 神のように存在していたのだ。 その男の名は、老舗の昆布専門店「こんぶ土居」 4代目店主、土居純一さん。 本物の「UMAMI」を次世代へ伝える立役者です。 ...この記事を見る