¥6,480 税込

  • 内容量
数量

お届けエリア・温度帯により送料が異なります。
お届け日の指定がない場合は、注文当日から4営業日以内に発送いたします。
一部、対象外の商品もございます。
同じ発送元かつ同じ温度帯なら、複数商品を買っても送料は1回分になります。

Tabebitoのコメント

ダンダ姐さん

ローストビーフではなく「コールビーフ」。このちょっとノスタルジックな響きが示す通り、昔ながらの手づくりで。桃色に艶めくそれは、しっとり滑らかにして、肉本来のうまみがジュンワリと……。

この商品をシェア

  • LINE
  • note
  • Twitter
  • Facebook

はり重名物、ピンク色に艶めく冷製ローストビーフ

大正年間に精肉店として創業し、戦後、ミナミの一等地へ移転。今やミナミのシンボルとも言える、はり重。和牛専門店の名にかけて、目利きした黒毛和牛のメス肉をひと月ほども熟成させます。「カビが生じたのを、きれいにカットします。歩留まりはよくないけど…」とは3代目の藤本有吾さん。それって、ここ10年ばかり前から流行りのウェットエイジングですやん! はり重さんは熟成肉やったんですか!? 「はい。アピール下手で、殊更、熟成って言ってないんです」って、まさに熟成肉の先駆けじゃないですか! 「初代のときから、“寝かせるとうまい”と知ってたみたいですね。考えてみれば、今のようにメス牛の肉がしつこくないのは融点が低いからとか、熟成でうまみ成分が云々って、解明されてない時代から、“なんか知らんけど、こうしたらうまい”と知ってたのはスゴイかもしれませんね」。

熟成させた肉自体の、うまみがピークに乗った時を見計らい、コールビーフに適したもも肉を調理。まずは、250℃ほどに熱したオーブンで焼き目を付ける。高温で一気に焼いて、肉のうまみを閉じ込めるわけです。次に特製の和風タレの中で煮込み、3〜4時間ほど常温に置いて冷まします。これでタレの味わいが肉にしっかりと入るのでしょうね。冷蔵庫で半日休ませれば完成。

つまりはローストビーフの冷製。スライスした肉はピンク色に艶めいて、眺めながらご飯が食べられそうなほど。そう、冷蔵庫から取り出してすぐがっつかず、ちょいとお待ちを。表面の脂がじきにジワリと融けてきます。ピカリと輝きだしたら食べ頃。1枚目は、何もつけずにそのまんま。肉のもの凄いほどの甘みをご堪能あれ。2枚目は、和風タレと辛子を付けて。肉の羽二重餅みたいなふんわり滑らかな食感、口中に広がる甘みは、はり重のお肉ならでは。
 


※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。
※弊社では、賞味期限までの期間の3分の1が過ぎるまでを販売期間としているため、お届けする商品の賞味期限にばらつきが出る場合があります。ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。詳しくはこちらをご確認ください。


商品名

コールビーフ

配送方法

冷蔵

原材料

牛肉(モモ)、醤油、食塩、砂糖、酢、水飴、玉葱、人参、香味野菜(セロリ・パセリ・にんにく・土生姜)、香草(ローリエ・タイム・セージ)、マスタード、コーンスターチ、着色料(ウコン)

内容量

コールビーフ400g、たれ2本

賞味期限・消費期限

配送日を含めて3日

保存方法

冷蔵

製造所

株式会社 播重 大阪府大阪市中央区道頓堀1-9-17

販売者

株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F

栄養成分表示

100gあたり
エネルギー:268
水分:57.0
蛋白質:20.4
脂質:20.4
炭水化物:0.6
灰分:1.6
食塩相当量:0.8
ナトリウム:330

アレルギー情報

小麦

返品・交換について

商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願いいたします。

●商品の破損・商品違い
取り扱いには万全を期しておりますが、万が一「破損」や「不良品」がございましたら、商品の到着から2日以内にお問い合わせフォームからご連絡ください。

●お客様都合の返品・交換・キャンセル
商品の特性上お客様都合での返品・交換・返金はお受けすることができません。

送料・配送について

●送料
お届けエリア・温度帯により送料が異なります。

●配送
ヤマト運輸にて温度帯に応じて配送方法が異なります。
現状、海外配送には対応しておりません。
決済後の配送先は変更できません。
配送元が異なる場合は、同じお店の商品でも別々の配送となります。

大阪府大阪市中央区道頓堀1-9-17

06-6211-2980

大正8(1919)年、大阪・堺にて精肉店として創業。数年後、すき焼き屋兼精肉販売の店として新世界へ移転。昭和23(1948)年、現在の道頓堀へ。同時に洋食もスタート。カレーショップやグリルも人気。精肉販売としては大阪の百貨店でもお馴染み。

https://www.harijyu.co.jp/


この商品を紹介している記事

味にうるさい大阪人の舌を 満足させ続けてきた老舗の味には、 守りたい食文化への思い、 そして唯一無二の職人技がありました。 伝統を受け継ぎながら、 ときには新しい風を取り入れて。 造り手が人生を込めた 心に響く味を届けます。 ...この記事を見る