ミシュラン1つ星!パリの寿司職人が作る「海藻バター」

売り切れ
¥3,000 税込

送料 : ¥1,300


  • 個数

お届けエリア・温度帯により送料が異なります。
お届け日の指定がない場合は、注文当日から4営業日以内に発送いたします。
一部、対象外の商品もございます。
同じ発送元かつ同じ温度帯なら、複数商品を買っても送料は1回分になります。

Tabebitoのコメント

浜田岳文

バター自体の風味が強いので、それだけで食べてもおいしいけど、やっぱり魚介等の料理に合わせてほしい。シンプルなバターご飯もGOOD。

この商品をシェア

  • LINE
  • note
  • Twitter
  • Facebook

パリで仁 JINというミシュラン1つ星の寿司屋を経営している渡邉卓也シェフがつくる海藻バター。


北海道の山中牧場でつくられる濃厚な発酵バターと、松前町の真昆布や岩海苔、ダルスなど、北海道産の海藻5種が配合された特別な逸品だ。構想から何度も試作を重ね、なんと6年の月日を経て完成したのだという。

海藻と発酵バターの風味が合わさって、濃厚さとコクがたまらない。海藻の噛みごたえもアクセントになっていて、食べれば食べるほどに味が豊かになっていく。

シェフおすすめの食べ方は、下記の通り。

・いくらやたらこなどの魚介類を使ったバターごはん
・バゲットに添えて
・ホタテやホッキ貝など貝類のソテー
・きのこの炊き込みご飯

意外な食べ方として、「豚ロースなど、淡白な部分の肉料理のソースにしても抜群に合う」と渡邉シェフ。フランスのバスク地方では、魚介のソースを肉に合わせるなど「肉と魚介類を組み合わせて食べる」ことがあるのだそう。これは、漁師が漁をしながらたんぱく質不足にならないように、ポケットに肉をしのばせて食べる文化から生まれたのだとか。フランスの文化を感じられるような食べ方をしてみるのもおもしろい。

「北海道の食材」で料理を作ることにこだわりをもつ渡邉シェフの海藻バター、ぜひご賞味あれ。


※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。
※弊社では、賞味期限までの期間の3分の1が過ぎるまでを販売期間としているため、お届けする商品の賞味期限にばらつきが出る場合があります。ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。詳しくはこちらをご確認ください。


商品名

海藻バター

配送方法

冷蔵

原材料

クリーム(乳製品)(北海道製造)、生乳(北海道産)、食塩、海藻(真昆布、ダルス、青のり、岩のり)

内容量

200g

賞味期限・消費期限

製造日より半年

保存方法

冷蔵

製造所

山中牧場 北海道余市郡赤井川村字落合478−1

販売者

株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F

栄養成分表示

100g当たり
熱量750kcal
たんぱく質0.8g
脂質82.5g
炭水化物1.0g
食塩相当量1.6g

アレルギー情報

調理法

・いくらやたらこなどの魚介類を使ったバターごはん
・バケットに添えて
・ホタテやホッキなど貝類のソテー
・きのこの炊き込みご飯
 

返品・交換について

商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願いいたします。

●商品の破損・商品違い
取り扱いには万全を期しておりますが、万が一「破損」や「不良品」がございましたら、商品の到着から2日以内にお問い合わせフォームからご連絡ください。

●お客様都合の返品・交換・キャンセル
商品の特性上お客様都合での返品・交換・返金はお受けすることができません。

送料・配送について

●送料
お届けエリア・温度帯により送料が異なります。

●配送
ヤマト運輸にて温度帯に応じて配送方法が異なります。
現状、海外配送には対応しておりません。
決済後の配送先は変更できません。
配送元が異なる場合は、同じお店の商品でも別々の配送となります。

1976年生まれ。北海道ニセコ町出身。寿司屋の出前スタッフやトラックの運転手などの経歴を経て、日本料理店や創作和食店を経験し、28歳で独立。ダイニングレストランを開くと評判を呼び、札幌で「田久鮓」「TAKU円山」など4店舗を展開した。2013年にはフランス・パリに鮨と日本酒を楽しめる店「JIN 仁」をオープン。コンセプトに「地産地消」を掲げ、フランス近郊で獲れる魚をメインの食材に使う。2014年にはミシュランの一つ星を獲得した。

http://nfd-taku.com/taku_watanabe/


この商品を紹介している記事

ぼくは、外食がだいすきだ。 絵画を目で見たり、 音楽を耳で聴いたりするように、 「食」という、料理人の表現を 口で鑑賞することが好きなのだ。 今まで120ヵ国以上を旅して、 感動する料理に出会うことに 人生を捧げてきた。 そんなぼくが今応援したいのは、 「日本の地方の若手シェフ」。 以前は日本の地方で 革新的なレストランを続けることは 難しかったけれど、 SNSが広がり、おもしろいことを していれば話題になる地盤ができてきた。 働き方改革が進み、 平日に人々が移動しやすくなれば、 その流れはさらに加速するだろう。 日本の地方はこれからもっとおもしろくなる──。 今回は、そんな予感を確かなものにしてくれる、 次世代スターシェフの逸品を選んでみた。 とくとご賞味ください。 ...この記事を見る