希少なタカアシガニたっぷり!/伊豆の味おか田「日本一高い高足ガニコロッケ」2個セット

限定商品
¥1,080 税込

送料 : ¥1,300


  • セット
数量

お届けエリア・温度帯により送料が異なります。
お届け日の指定がない場合は、注文当日から4営業日以内に発送いたします。
一部、対象外の商品もございます。
同じ発送元かつ同じ温度帯なら、複数商品を買っても送料は1回分になります。

Tabebitoのコメント

ダンダ姐さん

世界一背が高く、希少価値が高い! そして値段もお高いが……。こんな珍しいもの絶対食べてみたいって方にぜひ! 水族館でしか見たことない生きた化石、タカアシガニのコロッケ。半解凍させてオーブントースターで焼くだけで、驚くほどサクサクに。衣の中身は半分以上カニの身です。カニの甘みが口いっぱいに広がる幸せを楽しんでください!

この商品をシェア

  • LINE
  • note
  • Twitter
  • Facebook

市場には出回らない希少なカニ「タカアシガニ」をふんだんに使った「海のコロッケ」

タカアシガニを食べる?あれは水族館で眺めるものでは? 「ハハハ!でも、食べられたら面白いでしょ?」とは「伊豆の味 おか田」の2代目・岡田正司さん。

生きた化石とも称されるタカアシガニは希少種で、流通はしないはずだが。「南伊豆では12月から2月が漁期。といっても市場に出すのではなく調査のための許可制の漁で、3船だけがやってるんです」。この漁がまたスゴイ! エサはマグロの頭! 世界最大といわれるタカアシガニはエサもハンパじゃないわけだ。「漁師は自分らで食べるか、知り合いの飲食店に卸すか。うちは20年以上前から、付き合いのある漁師が水揚げしたら全量を買い取ってます」と岡田さん。

「少々水っぽい身も、蒸して水分を飛ばせば、甘味とカニの風味を楽しめる」と創意工夫。そうしてできたのがコロッケだ。生きたまま蒸して、ほぐし身をたっぷり使う。何と具の60%がカニ身らしい。ジャガイモよりカニ身の方が多いのだ。

まずは、そのまま食べて、生きた化石の風味を味わいたい。2個目はケチャップ? 私はタルタルソースが合うと思う。


※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。
※弊社では、賞味期限までの期間の3分の1が過ぎるまでを販売期間としているため、お届けする商品の賞味期限にばらつきが出る場合があります。ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。詳しくはこちらをご確認ください。


商品名

「日本一高い高足ガニコロッケ」2個セット

配送方法

冷凍

原材料

タカアシガニ(静岡県産)、衣(パン粉、鶏 卵、小麦粉)、 じゃがいも、たまねぎ、揚げ油(食用なたね油)、鶏卵、パン粉、食塩、 コショウ/調味料(アミノ酸等)、 (一部に カニ ・ 卵・小麦を含む)

内容量

55g

賞味期限

2ヶ月

保存方法

冷凍(-15℃以下)で保存してください

製造所

有限会社 伊豆おか田
静岡県賀茂郡南伊豆町湊307-1

販売者

株式会社グッドイートカンパニー
東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F

栄養成分表示

(1食分 55gあたり) (推定値)
熱量 183.2kcal
たんぱく質 10.7g
脂質8.2g
炭水化物7.6g
食塩相当量 1.46 g

アレルギー情報

カニ、卵、小麦

返品・交換について

商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願いいたします。

●商品の破損・商品違い
取り扱いには万全を期しておりますが、万が一「破損」や「不良品」がございましたら、商品の到着から2日以内にお問い合わせフォームからご連絡ください。

●お客様都合の返品・交換・キャンセル
商品の特性上お客様都合での返品・交換・返金はお受けすることができません。

送料・配送について

●送料
お届けエリア・温度帯により送料が異なります。

●配送
ヤマト運輸にて温度帯に応じて配送方法が異なります。
現状、海外配送には対応しておりません。
決済後の配送先は変更できません。
配送元が異なる場合は、同じお店の商品でも別々の配送となります。

静岡県賀茂郡南伊豆町湊307-1

0558-62-1006

静岡・南伊豆町で1985年に創業した「郷土割烹 伊豆の味 おか田」。地の魚・金目鯛が名物料理だ。130人のキャパを誇る大型店だが、その料理はとても丁寧。金目鯛あら汁の美味しさにこの店の良心を感じる。「骨を除くのも時間かかるけど、みんなでちまちま取ってます」と2代目・岡田正司さんは笑うが、食材を捨てない、活かせるものは大切に使い切る精神が生きている。そういう店は必ず旨い。

http://www.izu-okada.co.jp/