お芋一筋60年。大阪ソウルスイーツ/名物あべのポテト(477g x 2袋)

残りわずか
¥2,592 税込

  • 袋数
数量

お届けエリア・温度帯により送料が異なります。
お届け日の指定がない場合は、注文当日から4営業日以内に発送いたします。
一部、対象外の商品もございます。
同じ発送元かつ同じ温度帯なら、複数商品を買っても送料は1回分になります。

Tabebitoのコメント

GOOD EAT CLUBバイヤー・臼井

二度揚げの温度差マジック!熱いお芋を冷たい蜜に入れたらめっちゃ染み込む秘密の蜜の味

この商品をシェア

  • LINE
  • note
  • Twitter
  • Facebook

特製蜜がじゅわっとしみこんだ、しっとりふっくらな「名物 あべのポテト」

老舗の芋菓子匠、嶋屋の看板商品である「名物 あべのポテト」。

まず目を引くのは包み紙! 「大阪あべのきはったらうちのイモ食べてみてくれまっか」という一文から始まるこの包み紙に、ただならぬ自信を感じます。

冷凍庫から取り出し待つこと約1時間。箱を開けると、ゴロゴロとお行儀よく並んだ大きめの“うちのイモ”がお目見えします。

使用するのは、契約農園で育てられた「高系14号」と呼ばれるサツマイモ。夏に収穫し、年内中寝かせるといいます。寝かすことでデンプンが糖に変わり、イモ本来の甘みが熟成されるのだとか!

そうして甘さがギュッと増したサツマイモは、全て手作業で調理されていきます。

160〜170度の油で5分揚げてからいったん取り出し、また油へイン。トータルで20分ほど揚げるのですが、「二度揚げする、この温度差で芋がふくらむんです」と3代目。しっとりふっくら、ホクホクの食感には、この丁寧な揚げ方に理由が!

また、通常の大学芋は水飴を絡めることが多いですが、あべのポテトに絡められるのは、氷砂糖を精製する時にできる「氷糖蜜」を使用した特製蜜。さらりとしているのに深いコクがあり、イモの甘みを引き立たせます。卵、乳製品、小麦などは一切使用せず作られているから、アレルギーのある人にもおすすめです。

【調理方法】

本品到着後、冷凍庫で保存し、お召し上がりの際は自然解凍(常温で約1時間)してください。解凍後はその日のうちにお召し上がりください。お好みで添付の蜜をかけてどうぞ。


※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。
※弊社では、賞味期限までの期間の3分の1が過ぎるまでを販売期間としているため、お届けする商品の賞味期限にばらつきが出る場合があります。ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。詳しくはこちらをご確認ください。


商品名

名物あべのポテト

配送方法

冷凍

原材料

さつまいも、氷糖蜜、綿実油

内容量

477g

賞味期限・消費期限

30日

保存方法

冷凍庫にて保存

製造所

株式会社嶋屋天下茶屋工場 大阪市西成区天下茶屋3-24-1

販売者

株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F

栄養成分表示

(100gあたり)
エネルギー233kcal
たんぱく質0.8g
脂質4.6g
炭水化物47.2g
食塩相当量0.02g※推定値

使用上の注意

解凍後はその日のうちになるべくお早い目にお召し上がりください

調理法

自然解凍約1時間~2時間にてお召し上がりください。お好みで添付の蜜をかけてお召し上がりください。

返品・交換について

商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願いいたします。

●商品の破損・商品違い
取り扱いには万全を期しておりますが、万が一「破損」や「不良品」がございましたら、商品の到着から2日以内にお問い合わせフォームからご連絡ください。

●お客様都合の返品・交換・キャンセル
商品の特性上お客様都合での返品・交換・返金はお受けすることができません。

送料・配送について

●送料
お届けエリア・温度帯により送料が異なります。

●配送
ヤマト運輸にて温度帯に応じて配送方法が異なります。
現状、海外配送には対応しておりません。
決済後の配送先は変更できません。
配送元が異なる場合は、同じお店の商品でも別々の配送となります。

大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-37

06-6621-7167

お芋ひと筋70余年。戦後間もなく復員した眞嶋秀夫氏が阿倍野の路地裏で焼き芋屋としてスタートした「嶋屋」。以来、3代にわたり地元で愛され続けています。 「こだわりと言えば味かな。手間隙かかっても、そこは変わったらあかんと思って」と3代目・佐々木信行さん。 創業以来、変わらぬ製法で作られる芋菓子は、まさに昭和庶民の味! サツマイモの自然の甘みを生かしたその味は、今日もお茶の間に変わらない安心感を届けます。

http://www.simaya.com/