【毎週限定10個】日本一古いおでん屋・たこ梅「定番おでんセット」(月曜締切|金曜発送) - GOOD EAT CLUB

カート

カートは空です

買い物を続ける

関東煮(おでん)の老舗による名物揃いの5670円セット

大阪・道頓堀に、「日本一古いおでん屋」と称される老舗がある。創業・弘化元(1844)年のたこ梅だ。

その昔は、芝居帰りの客や役者、さらには数々の文人にも愛された「上燗屋」であり、「たこ甘露煮」と「関東煮(かんとだき)」が二大看板です。

店のカウンター内にある四角いおでん鍋には、目移りするくらい、魅惑的なタネがグツグツ煮込まれている。

まずは、鯨の部位の中でも最高級とされる、サエズリ(ヒゲクジラの舌)。「サエズリをおでんに使うのは、初代が考案したんですわ」と岡田さんが胸を張る、時代を超えたスペシャリテだ。フルフルと柔らかなサエズリを舌にのせれば、しぶというまみがこれでもかと言わんばかりに押し寄せる。これぞ、たこ梅でしか出合えない味!

5代・岡田哲生さん曰く「常連さんからの『家でも、たこ梅のおでんを食べたい』というご要望に応え、通販を始めました」とは朗報!

仕込みに4日かけるこんにゃくや、だしをめいいっぱい吸った大根をはじめ、ロールキャベツ、ジャガイモ、ひろうす、玉子、厚揚げといった定番の12品に、1週間かけて仕込む名物のサエズリ(ヒゲクジラの舌)やコロ(クジラの皮)を2串ずつ。カツオをベースに、サエズリから滲み出るエキス、前日から継ぎ足しただしを合わせ、じっくり煮込んだ味わい深いだしも、楽しみの一つだ。

気っ風のいい岡田さんは「1日でも早く、平穏な日々が訪れますように」と、通常6600円(税別)のところを、5670円(税別)に!

老舗の味をお家で気軽に味わってください。

※受注生産のため毎週限定10個、ご注文は月曜日締切、金曜に発送いたします。

 

たこ梅 本店

大阪市中央区道頓堀1-1-8
06-6211-6201
https://takoume.jp/

弘化元(1844)年創業、日本一古いとされる関東煮(おでん)の老舗。真蛸を伝統のだしで炊き続ける「たこ甘露煮」や、初代・岡田梅次郎さんが初めておでんに用いた鯨のサエズリなど、時代を超えて愛されている名品の数々。錫のちろりと上燗のコップで味わう酒もまた旨し。

たこ梅

【毎週限定10個】日本一古いおでん屋・たこ梅「定番おでん5670セット」(月曜15時締切|金曜発送)

¥6,124税込
「たこ梅」から発送します。同じ発送元・同じ温度帯なら、まとめて買っても送料は1回分。 冷蔵 送料 ¥1,300
日本一古いおでん屋の名作が、自宅で気軽に食べられる!だしのうまみが染みた定番12品に、名物・鯨サエズリ&コロ各2串がセットに。贅沢な鍋が、お家時間に幸せをもたらしてくれますよ!
ヘベレケ・カオリン
大阪在住のフードエディター・船井香緒里。酒と酒場をこよなく愛し、ジョギングとロードバイクで健康維持を心がける。料理専門誌や食のWebメディアなどで編集・執筆をおこなう。

商品説明

商品名
定番おでんセット5670セット
原材料
【具材】ロールキャベツ、大根、竹輪、ごぼう天、玉子、厚揚、魚肉団子、野菜袋(薄揚、糸こんにゃく、豆もやし、人参、木耳、椎茸、銀杏、かぼちゃ)、鯨(さえずり)、鯨(ころ)、じゃがいも、こんにゃく、糸こんにゃく、ひろうす(銀杏、ゆり銀、れんこん、椎茸、人参)/調味料(アミノ酸等)リン酸塩(Na)、ソルビット、水酸化Ca、豆腐用凝固剤、(一部に小麦、玉子、豚肉、牛肉、大豆を含む) 【出汁】混合削り節、砂糖、醤油、食塩/酒精、(一部に小麦、大豆、サバを含む) 【からし】からし粉、砂糖、白味噌、酢、醤油、/酒精、保存料(ソルビン酸K)、ビタミンB2、(一部に小麦、大豆を含む)
アレルゲン
卵、小麦
内容量
1200g前後
賞味期限・
消費期限

発送日から4日

保存方法
冷蔵
販売者
株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F
製造所
有限会社 たこ梅
使用上の注意

配送

・現時点では、配送日時の指定を行うことができません。
・決済後の配送先変更は、対応できません。
・出店者が異なる場合は、別々の配送となります。
・現状、海外配送には対応しておりません。

発送予定

注文から4〜7日後に発送

返品

・決済後の注文キャンセルは、対応できません。
・商品の特性上、返品・交換・返金はお受けすることができません。
※不良・破損の場合は、お問い合わせフォームからご連絡をください。
・1週間以上前に(配送時期限定商品、予約商品を除く)お支払いを済ませたにもかかわらず商品を受け取れない場合、お問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

この記事をシェア

関東煮(おでん)の老舗による名物揃いの5670円セット

大阪・道頓堀に、「日本一古いおでん屋」と称される老舗がある。創業・弘化元(1844)年のたこ梅だ。

その昔は、芝居帰りの客や役者、さらには数々の文人にも愛された「上燗屋」であり、「たこ甘露煮」と「関東煮(かんとだき)」が二大看板です。

店のカウンター内にある四角いおでん鍋には、目移りするくらい、魅惑的なタネがグツグツ煮込まれている。

まずは、鯨の部位の中でも最高級とされる、サエズリ(ヒゲクジラの舌)。「サエズリをおでんに使うのは、初代が考案したんですわ」と岡田さんが胸を張る、時代を超えたスペシャリテだ。フルフルと柔らかなサエズリを舌にのせれば、しぶというまみがこれでもかと言わんばかりに押し寄せる。これぞ、たこ梅でしか出合えない味!

5代・岡田哲生さん曰く「常連さんからの『家でも、たこ梅のおでんを食べたい』というご要望に応え、通販を始めました」とは朗報!

仕込みに4日かけるこんにゃくや、だしをめいいっぱい吸った大根をはじめ、ロールキャベツ、ジャガイモ、ひろうす、玉子、厚揚げといった定番の12品に、1週間かけて仕込む名物のサエズリ(ヒゲクジラの舌)やコロ(クジラの皮)を2串ずつ。カツオをベースに、サエズリから滲み出るエキス、前日から継ぎ足しただしを合わせ、じっくり煮込んだ味わい深いだしも、楽しみの一つだ。

気っ風のいい岡田さんは「1日でも早く、平穏な日々が訪れますように」と、通常6600円(税別)のところを、5670円(税別)に!

老舗の味をお家で気軽に味わってください。

※受注生産のため毎週限定10個、ご注文は月曜日締切、金曜に発送いたします。

 

たこ梅 本店

大阪市中央区道頓堀1-1-8
06-6211-6201
https://takoume.jp/

弘化元(1844)年創業、日本一古いとされる関東煮(おでん)の老舗。真蛸を伝統のだしで炊き続ける「たこ甘露煮」や、初代・岡田梅次郎さんが初めておでんに用いた鯨のサエズリなど、時代を超えて愛されている名品の数々。錫のちろりと上燗のコップで味わう酒もまた旨し。
¥6,124 税込

Tabebitoとは?

日本中で愛すべき食を探求する
フードセレクター

ローカルな情報から個人的な偏愛まで、全国各地のディープな食のストーリーを発信していきます。 食のプロとして活動するTabebitoをはじめ、あらゆる分野からのゲストや一般の方もTabebitoとして参加していただきます。

Tabebitoとは?

日本中で愛すべき食を探求する
フードセレクター

ローカルな情報から個人的な偏愛まで、全国各地のディープな食のストーリーを発信していきます。 食のプロとして活動するTabebitoをはじめ、あらゆる分野からのゲストや一般の方もTabebitoとして参加していただきます。