【限定】皮はフワモチッ、餡は肉汁たっぷり/たこりき特製「小豚饅(20個入り)」 – GOOD EAT CLUB

カート

カートは空です

買い物を続ける

たこ焼き屋の店主が1個1個手づくり! 伝説の店で生まれた「小豚饅」

大阪の下町・谷町六丁目。長屋が軒を連ねる路地にある「たこりき」は、ナチュール好きには有名な、小さなたこ焼き屋さん。

昼に提供する小ぶりのたこ焼きは、外カリッ、中ジュワッ。だしの深いうまみがジンワリ広がる、まさに“だしを味わう”たこ焼きなのです。

一方、ディナーのお楽しみは、店主・今吉正力さんセレクトのワインに合わせたジャンルレスな料理。なかでも、伝説ともいえる一品が、皮から手づくりする「小豚饅」だ。

今吉さんは、2017年に惜しまれつつ閉店した、鉄板焼きとワインの店「豚玉」の創業者。「豚玉ラストの日にね、“新メニューです”ってお客さんに出したのが『小豚饅』なんですよ」。

そして最近、夜の一品として再デビュー。今まで「たこりき」のディナーでしか味わうことができなかった小豚饅を、GOOD EAT CLUBで限定販売いただけることに!

2〜3口でいける小ぶりの豚饅をハフハフ頬張れば……生地はフワッと柔らかで香り高く、豚饅によくあるタマネギの甘ったるさが一切ない! その餡は醤油ベースのスキッとした味わいだから、これはまさに……ワイン好きのための小豚饅なのです。

「皮は小麦粉3種を配合してフワモチッとしながら歯切れのよい食感に。餡には豚肉をメインに細かく刻んだ白ネギやザーサイ、ニンニク醤油漬け、中国の濃口醤油とたまり醤油、自家製オイスターソースなどを用い、お酒などワインに合うよう“複雑味”を持たせました」と今吉さん。

冷凍で届く小豚饅を美味しくいただくポイントを今吉さんに聞くと、

「蒸し器があれば10分蒸し、何もつけずにそのままお召し上がりください。蒸し器がない場合は、サッと水で湿らせたキッチンペーパーで小豚饅を1個ずつ包み、さらにラップで包みます。そして1個につき300wの電子レンジで2分加熱してくださいね」

化学調味料無添加のナチュラルな味わいを、ぜひ、透き通ったテイストのワインと一緒にお楽しみください!

 

※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。

 

たこりき

大阪市中央区瓦屋町1-6-1
06-6191-8501
https://www.takoriki.jp/

昼はたこ焼き屋さん、夜は和洋中ジャンルを超えた料理を楽しませてくれる。「自分の好きなものを作ってるだけです」。そう言って微笑む店主・今吉正力さんは、鉄板焼きとワインの伝説の店「豚玉」の創業者であり、30年以上前から自然なつくりがなされたワインを愛飲してきたナチュールの雄。だしのうまみ溢れるたこ焼きを味わいながらの昼酒がオススメ。

【限定】皮はフワモチッ、餡は肉汁たっぷり/たこりき特製「小豚饅(20個入り)」

¥5,400税込
「たこりき」から発送します。同じ発送元・同じ温度帯なら、まとめて買っても送料は1回分。 冷凍 送料 ¥1,300
皮はフワモチッとさせつつ歯切れがよく、醤油ベースのすっきりとした味わいだから、何個でもいける! 甘ったるさがない大人味だから、喉通りのいいナチュールと好相性です。
コニタン
うまいワインと料理を探して食べ歩く『まんぷくコピーライター』。 地元の居酒屋から高級店まで、知識よりうまさってことで、心の赴くまま素敵な店を探してうろちょろしてます。

商品説明

商品名
小豚饅
原材料
豚肉、小麦粉、椎茸、白ネギ、醤油、オイスターソース、ラード、にんにく、搾菜、干し椎茸、生姜、砂糖、塩、干し海老、干し貝柱、鶏がらスープ、味醂、唐辛子
アレルゲン
小麦、干しえび
内容量
20個(660g)
賞味期限・
消費期限

製造日より6ヶ月

保存方法
冷凍
販売者
株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F
製造所
たこりき 大阪市中央区瓦屋町1-6-1
使用上の注意

商品写真は一部変更となることもございますのでご了承ください。

配送

・海外配送には現在対応しておりません。

発送予定

注文から4〜7日後に発送

返品

・商品不良、破損の場合を除き、対応致しかねます。

・商品不良、破損の場合、代替品をお送りいたします。(代替品の無い場合はご返金とさせていただきます) お届け後8日以内に写真とともにお手数ではございますが、support@goodeatclub.comまでご連絡下さい。

※ 不良品・注文商品と異なる商品が届いた場合、汚損・破損等、弊社の不手際による返品につきましては、往復路の送料・代引手数料・クール配送料・代金払い戻しの際の振込み手数料を弊社が負担いたします。

この記事をシェア

たこ焼き屋の店主が1個1個手づくり! 伝説の店で生まれた「小豚饅」

大阪の下町・谷町六丁目。長屋が軒を連ねる路地にある「たこりき」は、ナチュール好きには有名な、小さなたこ焼き屋さん。

昼に提供する小ぶりのたこ焼きは、外カリッ、中ジュワッ。だしの深いうまみがジンワリ広がる、まさに“だしを味わう”たこ焼きなのです。

一方、ディナーのお楽しみは、店主・今吉正力さんセレクトのワインに合わせたジャンルレスな料理。なかでも、伝説ともいえる一品が、皮から手づくりする「小豚饅」だ。

今吉さんは、2017年に惜しまれつつ閉店した、鉄板焼きとワインの店「豚玉」の創業者。「豚玉ラストの日にね、“新メニューです”ってお客さんに出したのが『小豚饅』なんですよ」。

そして最近、夜の一品として再デビュー。今まで「たこりき」のディナーでしか味わうことができなかった小豚饅を、GOOD EAT CLUBで限定販売いただけることに!

2〜3口でいける小ぶりの豚饅をハフハフ頬張れば……生地はフワッと柔らかで香り高く、豚饅によくあるタマネギの甘ったるさが一切ない! その餡は醤油ベースのスキッとした味わいだから、これはまさに……ワイン好きのための小豚饅なのです。

「皮は小麦粉3種を配合してフワモチッとしながら歯切れのよい食感に。餡には豚肉をメインに細かく刻んだ白ネギやザーサイ、ニンニク醤油漬け、中国の濃口醤油とたまり醤油、自家製オイスターソースなどを用い、お酒などワインに合うよう“複雑味”を持たせました」と今吉さん。

冷凍で届く小豚饅を美味しくいただくポイントを今吉さんに聞くと、

「蒸し器があれば10分蒸し、何もつけずにそのままお召し上がりください。蒸し器がない場合は、サッと水で湿らせたキッチンペーパーで小豚饅を1個ずつ包み、さらにラップで包みます。そして1個につき300wの電子レンジで2分加熱してくださいね」

化学調味料無添加のナチュラルな味わいを、ぜひ、透き通ったテイストのワインと一緒にお楽しみください!

 

※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。

 

たこりき

大阪市中央区瓦屋町1-6-1
06-6191-8501
https://www.takoriki.jp/

昼はたこ焼き屋さん、夜は和洋中ジャンルを超えた料理を楽しませてくれる。「自分の好きなものを作ってるだけです」。そう言って微笑む店主・今吉正力さんは、鉄板焼きとワインの伝説の店「豚玉」の創業者であり、30年以上前から自然なつくりがなされたワインを愛飲してきたナチュールの雄。だしのうまみ溢れるたこ焼きを味わいながらの昼酒がオススメ。
¥5,400 税込

Tabebitoとは?

日本中で愛すべき食を探求する
フードセレクター

ローカルな情報から個人的な偏愛まで、全国各地のディープな食のストーリーを発信していきます。 食のプロとして活動するTabebitoをはじめ、あらゆる分野からのゲストや一般の方もTabebitoとして参加していただきます。

Tabebitoとは?

日本中で愛すべき食を探求する
フードセレクター

ローカルな情報から個人的な偏愛まで、全国各地のディープな食のストーリーを発信していきます。 食のプロとして活動するTabebitoをはじめ、あらゆる分野からのゲストや一般の方もTabebitoとして参加していただきます。