【100個限定!】究極のおむすびがつくれる「米・塩・海苔」セット - GOOD EAT CLUB

カート

カートは空です

買い物を続ける

日本のソウルフード、おむすび。いつも何気なく食べているおむすびも、基本の「米・塩・海苔」にこだわると、“日本の究極のごちそう”に様変わりします。

今回は、最高のおむすびを探求するために日本中を旅してたくさんの生産者さんや食材に出会ってきた「旅するおむすび屋」の菅本香菜が厳選した食材をセットにしました。
「おむすびは好きだけど、意識して基本食材にこだわったことがなかった」という方にはぜひお試しいただきたいです。

1口頬張ると、パリッと歯切れの良い海苔の香りが贅沢に広がり、ふっくら炊けたお米がほろりと口の中でほどけ、海のうまみが凝縮された塩がアクセントできいてきます。思わずホッとため息が出る、体に染み渡るおいしさです。

いつも頑張る自分へのご褒美に、大切なあの人のために、お子さまとの初めてのお料理に。想いを込めて、おむすびをむすんでみてください。 

 

①飯塚商店 おむすび米

新潟のお米屋さん・飯塚商店が、おむすびのためにブレンドしてくれたお米です。もっちり甘い新潟を代表する品種コシヒカリと、比較的サラッとあっさりしている品種コシイブキの2種類をブレンド。

「コシヒカリは“お米でお米を食べられる”くらい味があっておいしいけど、コシヒカリだけでおむすびにするとお団子のようになってしまったり、味が重くてたくさん食べられなくなってしまったりするので、コシイブキをブレンドすることで口の中でホロリとほぐれる、いくつでも食べられる理想のおむすびを叶えてくれるお米を目指しました」と飯塚さん。

味も、主張しすぎることなく程よい甘みとうまみで海苔やお塩とうまく調和してくれます。 

 

②百姓庵 冬塩

山口県長門市にある豊かな森に囲まれた湾で塩づくりをする百姓庵。森の四季に合わせて海も季節ごとの顔を見せてくれるので、四季それぞれの塩を炊いています。

名店のシェフからも引っ張りだこで、“塩の魔術師”の異名を持つ、Sel Sal Sale(セルサルサーレ)オーナーシェフの濱口昌大さんも百姓庵のお塩を愛用しています。

旬の塩は、その時期の体に合うということで、今回は冬塩をセレクトしました。夏は梅雨に山から流れ込んだミネラルが多く含まれていてうまみが強く塩味が少ないのに対して、冬は素材の味を引き立てるスッキリとした塩味を味わえます。

冬の静かな森のように凛としながらも春に向けたエネルギーを感じる、そんなお塩です。炊きたてごはんはもちろん、根菜の天ぷらなど冬野菜ともよく合いますよ。


③浦山海苔「たそがれ」

熊本県熊本市に面する有明海で海苔を育てている浦山幹弥さん。幹弥さんの海苔「たそがれ」は、パリッと頬張った時に香ばしさを感じた後、口の中でとろけて甘みが上品に広がっていきます。

「僕の海苔づくりへのこだわりは、有明海の特徴をきちんと活かすこと。潮の干満の差を利用して、海苔を育てる過程で何度も天日干しをしてうまみを凝縮させていきます。収穫は、光合成が終わる夕方、海苔が一番栄養を蓄えている状態の時に行い、すぐに加工します。そうすることで柔らかく、うまみや甘みがいっぱいに詰まった海苔になるんです」と、幹弥さん。

「たそがれ」は袋から出してすぐ、その瞬間に食べるのが一番感動します。パリパリの状態でおむすびに巻いたら、時間を置かず口へ運んでください。



④アイザワ水産「厳選」

宮城県東松島市に面する太平洋で海苔を育てる相澤太さん。太さんが目指すのは「5回噛んだときにうまみが爆発する海苔」です。

「太平洋の荒波の中で育った海苔は力強くて歯応えがある。その特徴を活かしてうまみの余韻を楽しめるように加工したり、海を感じてもらうために塩味を少し残したりするのがこだわりかな。塩味を残すと長期保存には向かないから卸先に嫌がられることも。だけど、自分のブランドとして出してる『厳選』は加工してすぐにお客さんに届けるから、美味しさを最優先につくってるよ。」

太さんの海苔「厳選」をおむすびに巻くと、お米の甘みの後に海苔のうまみと磯の香りが追ってきます。

パリパリを味わう1口目は香ばしさの後に噛めば噛むほどうまみが出てきて、しっとり食感を味わう2口目以降は磯の香りを強く感じられるなど、少し違った顔を見せてくれるので、人肌以上の温度のおむすびに巻いて変化を楽しみながら食べるのがオススメです。

 

海苔、塩、お米と食材がそろったら、おむすびをむすびましょう!

今回のおむすびセットでぜひ食べて欲しいのは、むすびたてのおむすび!

冷めたおむすびも美味しいですが、温かいおむすびの幸福感を味わっていただきたいです。普段は冷たいおむすびばかり食べてませんか? 大切な誰かのために、ときには自分のために、丁寧に想いをこめておむすびをむすんでみてください。

《準備するもの》
・炊きたてのごはん
・3等分に切った海苔
・手水用の水
・お塩適量

①茶碗のごはんをまな板へ
炊きたてごはんを茶碗に盛り、ごはんを一度まな板の上に出します。茶碗に盛ることでおむすびの大きさを均等にしやすくなりますしある程度形がまとまるので、力を入れずにおむすびをむすびやすくなります。

 


②手のひらをぬらし、塩をまぶす

手のひらを濡らして指の腹3本分くらいでしっかりお塩を掴み、手のひら全体に塩をまぶします。「お塩多いかな?」くらいがおいしいです。

 

③まな板の上のごはんを手にとり、おむすびをむすぶ
このとき、手のひら全体でごはんを覆えるくらいの大きさになっているか確認してください。手のひらに対してごはんの量が多いとむすぶときに力が入ってしまうので、茶碗に盛るごはんの量を減らしてみてください。
ごはんの量を調整できたらギュッと力を入れず、お米とお米の間に空気を残すくらいの加減を意識してむすびましょう。握るというより、形を整えるイメージでむすぶと良いです。三角おむすび全体に均等に力が入るように、なるべく3回もしくは6回転でむすび終えましょう。

 


④海苔を巻く

おむすびに海苔を巻きます。海苔がおむすび全体を支えてくれるように巻くと優しくむすんだおむすびが崩れにくくなります。

 
日本の究極のごちそうが完成。

海苔を巻いたら10秒以内にパクッといってください!

きっと、私がおむすびに惚れたことに共感してもらえるんじゃないかな、と思います。

ようこそ、おむすびワールドへ。


※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。


菅本香菜

https://mobile.twitter.com/kana314
https://note.com/kana314

『旅するおむすび屋』として全国各地を飛び回り、土地の食材を使ったおむすびを結んだり、ローカルフードを食べ歩いたりしています。
数多く出会った商品の中で特に感動するほど美味しかったものを厳選しました。どれも舌も体も心も喜ぶ美味しさです。
あなたの食卓の楽しみが増えるキッカケになりますように。

菅本香菜

【100個限定!】究極のおむすびがつくれる「米・塩・海苔」セット

¥2,980税込
「GOOD EAT CLUB(東京倉庫)」から発送します。同じ発送元・同じ温度帯なら、まとめて買っても送料は1回分。 常温 送料 ¥1,000
私がこの“おむすび三種の神器”でおむすびを結ぶと、パクパク5個以上食べてくれる方が少なくありません。ポイントはおむすびをむすんですぐ、温かいうちに食べること。幸福感が格段にアップします!
菅本香菜
『旅するおむすび屋』として全国各地を巡っています。旅先で美味しいものを発掘して食べ歩くことが生きがい。おむすびにハマったきっかけは海苔漁師との出会いです。

商品説明

商品名
おむすび米(3合)
原材料
単一原料米 新潟県佐渡 コシヒカリ
アレルゲン
内容量
450g
賞味期限・
消費期限

商品到着後、冷蔵保存で1ヶ月

保存方法
冷蔵
販売者
株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F
製造所
(有)飯塚商店
使用上の注意
商品名
百姓庵「冬塩」
原材料
海水(山口県油谷島・日本海)
アレルゲン
内容量
180g
賞味期限・
消費期限

なし

保存方法
常温
販売者
株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F
製造所
株式会社百姓庵
使用上の注意
商品名
アイザワ水産「厳選」
原材料
生のり(宮城県東松島市矢本産)
アレルゲン
※この海苔は、えび、かにが生息する三陸太平洋の概要で育成、摘採されています。
内容量
30g
賞味期限・
消費期限

 1年程度

保存方法
常温
販売者
株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F
製造所
アイザワ水産
使用上の注意
商品名
浦山海苔「たそがれ」
原材料
乾のり(熊本県沖新産)
アレルゲン
なし
内容量
10枚
賞味期限・
消費期限

1年程度

保存方法
常温
販売者
株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F
製造所
浦山正義
使用上の注意

配送

・現時点では、配送日時の指定を行うことができません。
・決済後の配送先変更は、対応できません。
・出店者が異なる場合は、別々の配送となります。
・現状、海外配送には対応しておりません。

発送予定

注文から4〜7日後に発送

返品

・決済後の注文キャンセルは、対応できません。
・商品の特性上、返品・交換・返金はお受けすることができません。
※不良・破損の場合は、お問い合わせフォームからご連絡をください。
・1週間以上前に(配送時期限定商品、予約商品を除く)お支払いを済ませたにもかかわらず商品を受け取れない場合、お問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

この記事をシェア

日本のソウルフード、おむすび。いつも何気なく食べているおむすびも、基本の「米・塩・海苔」にこだわると、“日本の究極のごちそう”に様変わりします。

今回は、最高のおむすびを探求するために日本中を旅してたくさんの生産者さんや食材に出会ってきた「旅するおむすび屋」の菅本香菜が厳選した食材をセットにしました。
「おむすびは好きだけど、意識して基本食材にこだわったことがなかった」という方にはぜひお試しいただきたいです。

1口頬張ると、パリッと歯切れの良い海苔の香りが贅沢に広がり、ふっくら炊けたお米がほろりと口の中でほどけ、海のうまみが凝縮された塩がアクセントできいてきます。思わずホッとため息が出る、体に染み渡るおいしさです。

いつも頑張る自分へのご褒美に、大切なあの人のために、お子さまとの初めてのお料理に。想いを込めて、おむすびをむすんでみてください。 

 

①飯塚商店 おむすび米

新潟のお米屋さん・飯塚商店が、おむすびのためにブレンドしてくれたお米です。もっちり甘い新潟を代表する品種コシヒカリと、比較的サラッとあっさりしている品種コシイブキの2種類をブレンド。

「コシヒカリは“お米でお米を食べられる”くらい味があっておいしいけど、コシヒカリだけでおむすびにするとお団子のようになってしまったり、味が重くてたくさん食べられなくなってしまったりするので、コシイブキをブレンドすることで口の中でホロリとほぐれる、いくつでも食べられる理想のおむすびを叶えてくれるお米を目指しました」と飯塚さん。

味も、主張しすぎることなく程よい甘みとうまみで海苔やお塩とうまく調和してくれます。 

 

②百姓庵 冬塩

山口県長門市にある豊かな森に囲まれた湾で塩づくりをする百姓庵。森の四季に合わせて海も季節ごとの顔を見せてくれるので、四季それぞれの塩を炊いています。

名店のシェフからも引っ張りだこで、“塩の魔術師”の異名を持つ、Sel Sal Sale(セルサルサーレ)オーナーシェフの濱口昌大さんも百姓庵のお塩を愛用しています。

旬の塩は、その時期の体に合うということで、今回は冬塩をセレクトしました。夏は梅雨に山から流れ込んだミネラルが多く含まれていてうまみが強く塩味が少ないのに対して、冬は素材の味を引き立てるスッキリとした塩味を味わえます。

冬の静かな森のように凛としながらも春に向けたエネルギーを感じる、そんなお塩です。炊きたてごはんはもちろん、根菜の天ぷらなど冬野菜ともよく合いますよ。


③浦山海苔「たそがれ」

熊本県熊本市に面する有明海で海苔を育てている浦山幹弥さん。幹弥さんの海苔「たそがれ」は、パリッと頬張った時に香ばしさを感じた後、口の中でとろけて甘みが上品に広がっていきます。

「僕の海苔づくりへのこだわりは、有明海の特徴をきちんと活かすこと。潮の干満の差を利用して、海苔を育てる過程で何度も天日干しをしてうまみを凝縮させていきます。収穫は、光合成が終わる夕方、海苔が一番栄養を蓄えている状態の時に行い、すぐに加工します。そうすることで柔らかく、うまみや甘みがいっぱいに詰まった海苔になるんです」と、幹弥さん。

「たそがれ」は袋から出してすぐ、その瞬間に食べるのが一番感動します。パリパリの状態でおむすびに巻いたら、時間を置かず口へ運んでください。



④アイザワ水産「厳選」

宮城県東松島市に面する太平洋で海苔を育てる相澤太さん。太さんが目指すのは「5回噛んだときにうまみが爆発する海苔」です。

「太平洋の荒波の中で育った海苔は力強くて歯応えがある。その特徴を活かしてうまみの余韻を楽しめるように加工したり、海を感じてもらうために塩味を少し残したりするのがこだわりかな。塩味を残すと長期保存には向かないから卸先に嫌がられることも。だけど、自分のブランドとして出してる『厳選』は加工してすぐにお客さんに届けるから、美味しさを最優先につくってるよ。」

太さんの海苔「厳選」をおむすびに巻くと、お米の甘みの後に海苔のうまみと磯の香りが追ってきます。

パリパリを味わう1口目は香ばしさの後に噛めば噛むほどうまみが出てきて、しっとり食感を味わう2口目以降は磯の香りを強く感じられるなど、少し違った顔を見せてくれるので、人肌以上の温度のおむすびに巻いて変化を楽しみながら食べるのがオススメです。

 

海苔、塩、お米と食材がそろったら、おむすびをむすびましょう!

今回のおむすびセットでぜひ食べて欲しいのは、むすびたてのおむすび!

冷めたおむすびも美味しいですが、温かいおむすびの幸福感を味わっていただきたいです。普段は冷たいおむすびばかり食べてませんか? 大切な誰かのために、ときには自分のために、丁寧に想いをこめておむすびをむすんでみてください。

《準備するもの》
・炊きたてのごはん
・3等分に切った海苔
・手水用の水
・お塩適量

①茶碗のごはんをまな板へ
炊きたてごはんを茶碗に盛り、ごはんを一度まな板の上に出します。茶碗に盛ることでおむすびの大きさを均等にしやすくなりますしある程度形がまとまるので、力を入れずにおむすびをむすびやすくなります。

 


②手のひらをぬらし、塩をまぶす

手のひらを濡らして指の腹3本分くらいでしっかりお塩を掴み、手のひら全体に塩をまぶします。「お塩多いかな?」くらいがおいしいです。

 

③まな板の上のごはんを手にとり、おむすびをむすぶ
このとき、手のひら全体でごはんを覆えるくらいの大きさになっているか確認してください。手のひらに対してごはんの量が多いとむすぶときに力が入ってしまうので、茶碗に盛るごはんの量を減らしてみてください。
ごはんの量を調整できたらギュッと力を入れず、お米とお米の間に空気を残すくらいの加減を意識してむすびましょう。握るというより、形を整えるイメージでむすぶと良いです。三角おむすび全体に均等に力が入るように、なるべく3回もしくは6回転でむすび終えましょう。

 


④海苔を巻く

おむすびに海苔を巻きます。海苔がおむすび全体を支えてくれるように巻くと優しくむすんだおむすびが崩れにくくなります。

 
日本の究極のごちそうが完成。

海苔を巻いたら10秒以内にパクッといってください!

きっと、私がおむすびに惚れたことに共感してもらえるんじゃないかな、と思います。

ようこそ、おむすびワールドへ。


※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。


菅本香菜

https://mobile.twitter.com/kana314
https://note.com/kana314

『旅するおむすび屋』として全国各地を飛び回り、土地の食材を使ったおむすびを結んだり、ローカルフードを食べ歩いたりしています。
数多く出会った商品の中で特に感動するほど美味しかったものを厳選しました。どれも舌も体も心も喜ぶ美味しさです。
あなたの食卓の楽しみが増えるキッカケになりますように。
¥2,980 税込

Tabebitoとは?

日本中で愛すべき食を探求する
フードセレクター

ローカルな情報から個人的な偏愛まで、全国各地のディープな食のストーリーを発信していきます。 食のプロとして活動するTabebitoをはじめ、あらゆる分野からのゲストや一般の方もTabebitoとして参加していただきます。

Tabebitoとは?

日本中で愛すべき食を探求する
フードセレクター

ローカルな情報から個人的な偏愛まで、全国各地のディープな食のストーリーを発信していきます。 食のプロとして活動するTabebitoをはじめ、あらゆる分野からのゲストや一般の方もTabebitoとして参加していただきます。