料亭・京都𠮷兆「出汁パック」 - GOOD EAT CLUB

カート

カートは空です

買い物を続ける

京都𠮷兆は1930年に創業者である名料理人・湯木貞一さんが開いた小さな日本料理店から始まる。3代目・徳岡邦夫さんは湯木貞一さんの孫に当たる。

「祖父が築いた『日本料理の本質』を伝えるには、飽くことなくさまざまな挑戦をしていくべきだというのが、僕の思いなのです」。そう語る徳岡さん、「料亭がなんでだしパックを? と驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。しかし日本料理という食文化をもって、多くの人を幸せにしたい。そのための僕なりの挑戦でした」と続ける。

「𠮷兆のだし -極みの濃いだし-」は開発に5年の歳月を要した、こだわりの商品だ。

食塩や醤油、余分なものを加えずして濃いだしに仕上げるため、素材選びも徹底。
材料は国産の天然素材である『本枯節』と『羅臼昆布』のみ。
それら最高級食材のうまみを最大限に引き出すために、「ここは企業秘密なんですが(笑)」、京都𠮷兆独自の技を駆使。さらには、ピラミッド型のテトラパックを採用した。一般的なパックに比べ、体積が大きいから、うまみ成分がまんべんなく抽出されるのだ。

だしのとり方は至って簡単。だしのパックを入れて約3分煮出します。パックを取り出したら、それだけで、うまみと香りがしっかりと引き出された絶品だしが完成する。

材料は国産の2種の天然素材のみ。だから、おかゆや茶碗蒸しにこのだしを加えれば、離乳食や介護職にも活用できるのです。
また、つゆ物はもちろん、お粥や出汁巻き、炊き込みご飯、季節野菜の炊いたん……とあらゆる家庭料理に使えます。

だしを取り終えた、出がらしは、おいしいふりかけにも。パッケージの中には、徳岡さんが開発しただしレシピが同封されているので、ぜひご活用ください。

徳岡さんは最後にこう語ってくれた。「大切な人に食べてもらうには、何がいいのか? この気持ちを少しでも持つことが、僕は大切だと思うのです。特に次代を担う子どもたちに、このだしを味わってほしい。本物のうまみを舌で覚えてほしいですから。赤ちゃんから年配の方まで、さらには世界へ向けて。だしから広がる可能性を創造し、発信し続けていきます」。

 

※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。

 

京都𠮷兆 嵐山本店

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町58
075−881−1101(10:00-16:00)
https://kyoto-kitcho.com/

世界にその名を馳せる、料亭の最高峰。現代の懐石料理の姿を完成させた、創業者 湯木貞一氏の信条「世界之名物 日本の料理」を受け継ぎながらも、時代に即した料亭・日本料理のあり方を追求。一期一会の茶の心得と、四季の風情を映す華やぎを五感で愉しむことができる。

京都𠮷兆 嵐山本店

料亭・京都𠮷兆「出汁パック」

¥1,080税込
「GOOD EAT CLUB(東京倉庫)」から発送します。同じ発送元・同じ温度帯なら、まとめて買っても送料は1回分。 常温 送料 ¥1,000
京都𠮷兆の徳岡さんが5年もの歳月をかけて開発しただしパック。素材を吟味した本枯節と羅臼昆布のみを使った本物の「UMAMI」を、ご家庭でも。
楠本修二郎
旅と屋台を愛する福岡生まれのGOOD EAT CLUB編集長。食から未来をつくるべく、カフェ・カンパニーやGOOD EAT COMAPNYを創業。目の前のものは全部食べてしまう博愛主義なCEO。

商品説明

商品名
𠮷兆のだし -極みの濃いだし-
原材料
かつおぶし(国内製造)、こんぶ
アレルゲン
なし
内容量
40g(8g×5袋)
賞味期限・
消費期限

製造日より1年

保存方法
常温
販売者
株式会社グッドイートカンパニー 東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F
製造所
株式会社ふしいち
使用上の注意

配送

・現時点では、配送日時の指定を行うことができません。
・決済後の配送先変更は、対応できません。
・出店者が異なる場合は、別々の配送となります。
・現状、海外配送には対応しておりません。

発送予定

注文から4〜7日後に発送

返品

・決済後の注文キャンセルは、対応できません。
・商品の特性上、返品・交換・返金はお受けすることができません。
※不良・破損の場合は、お問い合わせフォームからご連絡をください。
・1週間以上前に(配送時期限定商品、予約商品を除く)お支払いを済ませたにもかかわらず商品を受け取れない場合、お問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

この記事をシェア

京都𠮷兆は1930年に創業者である名料理人・湯木貞一さんが開いた小さな日本料理店から始まる。3代目・徳岡邦夫さんは湯木貞一さんの孫に当たる。

「祖父が築いた『日本料理の本質』を伝えるには、飽くことなくさまざまな挑戦をしていくべきだというのが、僕の思いなのです」。そう語る徳岡さん、「料亭がなんでだしパックを? と驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。しかし日本料理という食文化をもって、多くの人を幸せにしたい。そのための僕なりの挑戦でした」と続ける。

「𠮷兆のだし -極みの濃いだし-」は開発に5年の歳月を要した、こだわりの商品だ。

食塩や醤油、余分なものを加えずして濃いだしに仕上げるため、素材選びも徹底。
材料は国産の天然素材である『本枯節』と『羅臼昆布』のみ。
それら最高級食材のうまみを最大限に引き出すために、「ここは企業秘密なんですが(笑)」、京都𠮷兆独自の技を駆使。さらには、ピラミッド型のテトラパックを採用した。一般的なパックに比べ、体積が大きいから、うまみ成分がまんべんなく抽出されるのだ。

だしのとり方は至って簡単。だしのパックを入れて約3分煮出します。パックを取り出したら、それだけで、うまみと香りがしっかりと引き出された絶品だしが完成する。

材料は国産の2種の天然素材のみ。だから、おかゆや茶碗蒸しにこのだしを加えれば、離乳食や介護職にも活用できるのです。
また、つゆ物はもちろん、お粥や出汁巻き、炊き込みご飯、季節野菜の炊いたん……とあらゆる家庭料理に使えます。

だしを取り終えた、出がらしは、おいしいふりかけにも。パッケージの中には、徳岡さんが開発しただしレシピが同封されているので、ぜひご活用ください。

徳岡さんは最後にこう語ってくれた。「大切な人に食べてもらうには、何がいいのか? この気持ちを少しでも持つことが、僕は大切だと思うのです。特に次代を担う子どもたちに、このだしを味わってほしい。本物のうまみを舌で覚えてほしいですから。赤ちゃんから年配の方まで、さらには世界へ向けて。だしから広がる可能性を創造し、発信し続けていきます」。

 

※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※パッケージは変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こちらのページに記載している商品情報は変更になる場合があります。念のため、お手元の商品のご使用前にラベルや裏面に記載の情報をお確かめください。

 

京都𠮷兆 嵐山本店

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町58
075−881−1101(10:00-16:00)
https://kyoto-kitcho.com/

世界にその名を馳せる、料亭の最高峰。現代の懐石料理の姿を完成させた、創業者 湯木貞一氏の信条「世界之名物 日本の料理」を受け継ぎながらも、時代に即した料亭・日本料理のあり方を追求。一期一会の茶の心得と、四季の風情を映す華やぎを五感で愉しむことができる。
¥1,080 税込

Tabebitoとは?

日本中で愛すべき食を探求する
フードセレクター

ローカルな情報から個人的な偏愛まで、全国各地のディープな食のストーリーを発信していきます。 食のプロとして活動するTabebitoをはじめ、あらゆる分野からのゲストや一般の方もTabebitoとして参加していただきます。

Tabebitoとは?

日本中で愛すべき食を探求する
フードセレクター

ローカルな情報から個人的な偏愛まで、全国各地のディープな食のストーリーを発信していきます。 食のプロとして活動するTabebitoをはじめ、あらゆる分野からのゲストや一般の方もTabebitoとして参加していただきます。