すべての特集記事を見る

日本の究極のごちそう「おむすびの旅」

「ああ、おむすびってごちそうなんだ」 海苔漁師のお母さんが目の前で むすんでくれたおむすびを食べたとき、 あまりの美味しさにため息が出た。 パリッと歯切れ良くて うまみたっぷりの焼きたて海苔に 口の中でホロッとほぐれて ほんのり甘いお米、 それぞれのおいしさを引き出し、 味をまとめてくれるお塩。 脳に直接刺激がやってくるような 華々しい美味しさではなく 身体中の細胞が喜ぶような、 染みわたる美味しさ。 私がおむすびに惚れた瞬間でした。 その後「旅するおむすび屋」として 全国各地を巡りながら、 たくさんの生産者さんや食材に出会い、 おむすびをむすび続けてきました。 具入りのおむすびももちろん大好きだけど、 シンプルだからこそ奥深い、 海苔、米、塩のみのおむすびの魅力に ますますハマっています。 まだまだ旅の途中ですが、 私が今オススメしたい おむすび食材を紹介させてください。 この組み合わせでおむすびをむすぶと、 6〜7個ペロリと食べてくれる方がたくさんいます。   ...この特集記事を見る

年間4000個のアイスを食べる男が感動した、神チョコアイス

1歳の頃からアイスクリームが大好きで、 今まで食べた数は4万8000個以上。 私、アイスに恋してる。 アイスって、パッケージも中身も色彩が とっっっても豊かじゃない? こんなに可愛いもの、 この世に他に存在しないなって。 自分の生涯をかけて、 アイスをずっと愛していたいんです。 だって、人間は裏切るけど、 アイスって絶対に裏切らないでしょ?(笑) そんな熱狂的にアイスを愛する私が、 今回は「とっておきのチョコレートアイス」を 紹介しますよ〜〜! ...この特集記事を見る

バスクチーズケーキ作りにハマった男・秋山具義が選ぶ!感動チーズケーキ【BLANCA】

名店のチーズケーキを食べているうちに、 ハマりすぎて、気づいたら自分で焼いていました。 今は「焼き菓子男子」として、 食べるだけではなく作ることも没頭している僕が、 心から感動したチーズケーキ。ぜひ体験してほしいです。 ...この特集記事を見る

100年老舗の秘密の調味 こんぶ 土居「真昆布」

俺はアホだった......。 何十回も大阪へ来ていたのに、 知らないコトがあった。 かつて「天下の台所」と呼ばれた大阪には、 今もなお「CHOMI–調味-」に命を捧げる名職人たちが、 神のように存在していたのだ。 その男の名は、老舗の昆布専門店「こんぶ土居」 4代目店主、土居純一さん。 本物の「UMAMI」を次世代へ伝える立役者です。 ...この特集記事を見る

とにかくポン酢を語らせろ 【大阪編】

ポン酢が好きでしょうがない。 あのまぁるい酸味と じんわり広がる醤油のコク、 柑橘の清々しい香りに、 ついついニンマリしてしまう。 鍋の相棒としてはもちろん、 お造りにサラダ、揚げ物、肉料理に…… とマルチプレーヤーなホンマに偉いヤツ。 大阪人にとってポン酢とは、 一途な恋そのものやと思う。 「ウチではコレしか使わへん!」て、 お家ごとに“マイ・ポン酢”があるし、 作り手は自分とこのポン酢が一番と、 主張してやまないこと。 そこには、昔ながらの 食文化と風土が育んだ、 大阪らしい味わい深さがあるのだ。   ...この特集記事を見る

ヘベレケ・カオリンがゆく、今夜は名店飲み【英ちゃん 冨久鮓】

1世紀以上の時を刻んだ老舗には、 人と街に揉まれた唯一無二の空気がある。 呑んべえのワタシは、 そんな名店に憧れ、そして沼にハマってゆく…。 さぁて、今宵はふらりミナミへ。 大正6年創業の寿司割烹 「英ちゃん 冨久鮓」で、 知られざる名作「松前鯖寿司」を ご紹介しよう。 ...この特集記事を見る

又吉直樹の「楽屋にあると明日から頑張ろうと思える差し入れ」【うれしいプリン屋さん マハカラ「うれしいプリン」】

二十歳の頃から劇場に立ってきた僕が、 いつも元気をチャージするのは、 楽屋の差し入れでした。 これまで食べてきたなかで 特に記憶に残っている “差し入れの名作”たちをご紹介します。 ...この特集記事を見る

又吉直樹の「楽屋にあると明日から頑張ろうと思える差し入れ」【ビストロ喜楽亭「かれーパン」】

二十歳の頃から劇場に立ってきた僕が、 いつも元気をチャージするのは、 楽屋の差し入れでした。 これまで食べてきたなかで 特に記憶に残っている “差し入れの名作”たちをご紹介します。 ...この特集記事を見る

又吉直樹の「今が一番カレーが好きかもしれない」【東京 京橋屋カレー】

学生時代には 1週間に10食は カレーを食べるほどカレーが好きで、 東京に暮らす今も カレーばかり食べている。 今回は、そんな僕が愛してやまない カレーについて 語らせてもらいたいと思います。 ...この特集記事を見る