Chi-Fu – GOOD EAT CLUB

カート

カートは空です

買い物を続ける

Chi-Fu

大阪府大阪市北区西天満4丁目4−8
06-6940-0317
中国伝統の味や技術を土台にしながらも、枠に捉われない斬新な発想から生み出される料理を体験できるレストラン。店名の由来は「Chinois-Fume 中国の香気」、「Chinese Futurism中国の未来形」、そして中国語の師傅(シーフ)=先生、より。業界に一石投じるべく旗揚げした、東シェフの心意気が感じられるお店。
このお店をシェア

このお店の商品

贅沢したい日におすすめな、Chi-Fu名物づくし。それぞれが完成された味だが、一緒に食べてもぶつからず、最後まで食べ飽きない。姿煮込みやビーフンは、XO醬や黒酢でパワーアップさせるのがお気に入り!
もちもちとしたお米にフカヒレのコリっとした食感がアクセント。しっかり味なのにしつこさがなく、「また食べたい」と思い出してしまう、やみつきちまき。
深い味わいながらスッキリ。完食してしまう前に、フカヒレの切れ端と残ったソースに黒酢を少し入れて、〆のご飯またはあんかけそばに味変すれば、一気にかきこみたくなる究極メシの完成。

このお店の特集

そのほかのおすすめ

老舗の自慢の味が、お鍋ひとつで自宅で再現。冷凍技術が上がったから「これなら」と、味に厳しい老舗が重い腰を上げ、実現したおうどん4種セット。一食分ずつ個包装されてるから使い勝手良し!
祇園祭セットのキーワードは「伝統と革新」。古きよき産地の逸品を集めた泡・白・赤のセット。迷ったらまずこのセットを選んでほしい!
元料亭・美々卯考案「うどんすき」は、大阪人が誇る味。老舗の矜持を掛けた黄金色のだしのうまみや香り、1つ1つ丁寧に料理された彩り豊かな具材……。これはもう、豪華絢爛な“料亭”の料理です!

¥1,728

¥2,160

七夕祭セットのキーワードは「揺らぎと煌めき」。日本人が作っている、煌めく風を感じるような繊細なワインたちをぜひ楽しんでほしい!
どどーんと1匹、真蛸の姿煮はインパクト大! 日本古いおでん屋・たこ梅の初代が約180年前に考案したスペシャリテは、歯がスッと入る驚きの柔らかさです!
大正年間創業の和牛専門店。「肉」と言えば牛肉――の大阪人が、はり重のお肉なら間違いなし! と厚い信頼を寄せる老舗です。自慢の黒毛和牛メスのお肉と、甘い肉の味を最大限引き出す割り下をセットで!
ローストビーフではなく「コールビーフ」。このちょっとノスタルジックな響きが示す通り、昔ながらの手づくりで。桃色に艶めくそれは、しっとり滑らかにして、肉本来のうまみがジュンワリと……。
明石の鯛の刺身を作った際に出る骨やアラを無駄にせず、強さと繊細さを併せ持つ究極の出汁を引いた。瓢亭400年の底力がラーメンに結実!