マグロラバー必見!「ブロック1kg」食べ尽くし おうちでマグロ解体ショー!

マグロラバー必見!「ブロック1kg」食べ尽くし おうちでマグロ解体ショー!

日本人はマグロが大好き。

でも意外と、
「マグロだけでお腹いっぱい!」
になれることって、あまりないですよね。

そこで僕たちは考えました。
「家で好きなだけマグロを食べたい!」
そんな、マグロラバーのみなさんの思いに
応えられる、最高の逸品を。

今日は、和歌山紀州勝浦から直送の
「生マグロ1kgブロック」を丸ごと使って
とにかくマグロを食べ尽くす、
そんな食卓を提案させてください。

バツグンにおいしいのはもちろん、
愛するマグロと向き合って、
心を込めて捌くのって、
めちゃくちゃ楽しいんです!!

右も左も、マグロ。マグロに埋もれる週末パーティー

マグロ集合真俯瞰

日本人は、マグロが大好き。お寿司はもちろん、刺身や海鮮丼にも欠かせないお魚です。コンビニのツナマヨおにぎりも、もはや国民食のひとつと言えるかもしれません。

スーパーの鮮魚売り場には、全国どこでも必ずと言っていいほど、マグロの刺身が並んでいます。いつでも手軽においしいマグロを食べられる国、日本。マグロラバーの皆さんにとっては、それって最高ですよね。

いつでも手に入るとはいえ、マグロはそこそこ値が張る食材。マグロだけでお腹いっぱいになる経験って、あんまりないかも。というわけで、たまには! 抑えきれないマグロ愛を開放して、もっと高みを目指してみませんか?

産地直送の絶品マグロを「1kgのブロック」で仕入れて、おうちで“プチ・マグロ解体ショー”! そんな週末の楽しみ方を、料理家さんのアイデアレシピと一緒にご紹介します

マグロ料理集合カット

「おうちでプチマグロ解体ショー」、その主役は那智勝浦・ヤマサ𦚰口水産さんの“1kgのマグロブロック”! 目利きが厳選したブランドマグロ「もちビンチョウ」は、その名の通り、もちっとした食感とねっとりした舌ざわりがたまらなくおいしい極上のマグロなんです。

 

あまり馴染みはないかもしれませんが、実は和歌山県にある那智勝浦漁港は、延縄漁による生マグロの水揚げ高が日本一。

そんな中でも創業明治30年のヤマサ𦚰口水産さんは、“代々受け継がれてきた伝統的な目利き力”と“世界で唯一の冷凍技術”を用いて、最高品質のマグロを提供。

脇口光太郎さん

溢れるマグロ愛から“マグロファースト”という概念を提唱し、持続可能な漁業を目指しています。

要するに、環境にも優しくて、おいしい。心も身体も大満足する、文句ナシに最高のマグロ卸なのです! そんな最高のマグロをおいしく食べ尽くす、魅惑の献立がコチラ。

<本日の献立>

  • マグロの刺身
  • マグロカルパッチョ
  • マグロステーキ
  • 血合いの唐揚げ
  • 漬けマグロの手巻き寿司
  • 自家製ツナ

目の前に立ちはだかるマグロの塊

献立が決まったところで、さっそく「解体」をはじめましょう。これが、1kgのマグロブロック。デ、デカい……!「マグロのブロックが家にまるごと届く」って、実はなかなか衝撃的です。

マグロのブロック

そんなマグロの楽しみ方をナビゲートしてくれるのは、「自炊料理家」として活動している山口祐加さん。詳しいレシピも教えてくれました。

山口祐加(やまぐちゆか)
山口祐加(やまぐちゆか)
自炊する人を増やすために活動する自炊料理家®&食のライター。1992年生まれ、東京出身。料理初心者に向けた対面レッスン「自炊レッスン」や、セミナー、出張社食、執筆業、動画配信など幅広く活躍中。

さぁ、いざ解体! まずは、血合いを取るところからはじめます。最初に骨を取っちゃいましょう。

まぐろ解体

骨が取れたら、血合いを身から剥がすようにして落としていきます。

マグロの解体、血合いをはがす

血合いも捨てずに、おいしくいただきます。もちろん、身がついていてもおいしいので、お好みの厚さで削いでいきましょう。細かいことにこだわる必要はなし。豪快に進めていきます!

お次は、ブロックてっぺんの山型の部分をカット。

マグロ解体

大きなマグロの塊を、サク(扱いやすく切り分けた形)にしていきます。

マグロ解体、サクにしていきます

身と皮の間に包丁を入れ、皮を引きながらゆっくりと身を剥がしていきます。食べる前ですが、この下準備の時点でなんだか楽しい。品質のいいマグロは、包丁がスッと入っていくので、爽快感すらあるんです。

マグロ解体

やっぱりマグロはお刺身!2種類食べ比べ

ヤマサ𦚰口水産さんに用意していただいたマグロブロックは、実は2種類。先ほど解体したのはもちビンチョウマグロなのですが、今回はもうひとつ、もちキハダマグロも用意しました。

今回は、2種類の違いをお伝えしたいので、刺身にして食べ比べてみることにします。マグロと言えば、まずは刺身!

まずこちらが、もちビンチョウマグロ。

マグロ刺身

ビンチョウマグロは、あっさりと淡白な味わいが特徴です。

 

もちキハダマグロは、こちら。

もちキハダマグロを刺身に

キハダマグロは、赤身の味わいが強くて濃い味なのが特徴です。

特に関西では、キハダはビンチョウの次に定番のマグロ。初春から夏にかけてが旬で、脂が少なく、クセのないさっぱりとした身質が特徴です。

   
左がもちキハダ、右がもちビンチョウ。2種類を食べ比べることで、見た目だけではなく味わいや食感、弾力の強さなどにも違いがあるのがわかるはず!

ちなみに、1kgのブロックがおすすめですが、日々のちょっとしたおかずやおつまみに使いやすい、100gずつの4種類セットもご用意しました!

こちらは、ヤマサ𦚰口水産さんのブランドマグロ「海桜鮪」をセットにしたもの。解凍して即刺身にできるので、「まず試してみたい!」という方におすすめのセットです。

 

マグロ料理大集合! まずは「マグロの漬け・手巻き寿司」

さてさて、ここからは、山口さんに作ってもらったマグロ料理をどどんとご紹介。まずは、刺身を漬けにして、手巻き寿司に。

手巻き寿司

<材料>
・漬けマグロ
 マグロサク……1本分(150g〜200g)
 醤油……大さじ2
 みりん……小さじ2
・手巻き寿司
 酢飯、板海苔、大葉などの薬味……お好みで

<作り方>
1)
漬けマグロの材料をすべて混ぜ合わせて、最低1時間程度、冷蔵庫に置いておきます。漬け具合はお好みで。タレが全体に浸っていなくても、数回裏表をひっくり返せばしっかり味が入ります。漬けダレの配合はお好みで調節してオッケー。

マグロ漬け

2)お好みで薬味を乗せて手巻き寿司に!

手巻き寿司

漬けにすることで、水分が抜けて少し身が引き締まったマグロが美味しいし、何より「手作りしてる感」が楽しい。せっかくマグロがたくさんあるんだから、刺身と漬け、両方で楽しみたいですよね。もちろん刺身も手巻きにして食べ比べてみるのもよし。

もちっと感・ねっとり感がアップする漬け。マグロそのものの味わいが楽しめる刺身。どうせなら、異なる味わいを一緒に楽しめる、贅沢なマグロパーティーにしちゃいましょう!

薄切り食感も楽しみたいから「カルパッチョ」

続いて、カルパッチョ。ヤマサ𦚰口水産の「もちビンチョウ」はもっちり感が特徴なので、基本的には厚めに切るのがおすすめですが、薄切りにするとまた違った味わいが楽しめます。

カルパッチョ

<材料>
マグロサク……1本分(150g〜200g)
ミニトマト(8等分に切る)……4個
赤玉ねぎ(スライス)……1/4個
刻みパセリ……お好みの量
オリーブオイル……大さじ1
レモン果汁……小さじ1
塩……適量

<作り方>
1)マグロを薄く切って皿に並べます。刺身よりは気持ち薄めに切るのがポイントです。

薄切り

2)マグロの上に具材を散らし、オリーブオイル、レモン果汁、塩の順にかけて完成。トマトや赤玉ねぎ、パセリなどをお好みで合わせることで、小気味よい食感が加わって、マグロが口の中で小躍りしちゃいます。お好みで少し醤油を垂らすと、マグロの味が引き立ってなおよし!

マグロのカルパッチョ

和食に使われることが多いマグロですが、アイデア次第で食卓をグッと華やかにしてくれます。

冷蔵庫からおいしい白ワインを引っ張り出して、地中海気分で楽しんじゃいましょう!

  

お腹いっぱい!ニンニク香る「マグロステーキ」

見た目も華やかで、お腹いっぱいになるマグロステーキ! ニンニクをしっかり効かせれば、食卓の主役になれるインパクトとボリュームのあるひと皿に。レアステーキにすることでマグロ自体の味わいも楽しめます。

ステーキ

<材料>
マグロサク……1本分(150g〜200g)
塩……ふたつまみ
ニンニク(厚さ2mmにスライス)……2かけ
オリーブオイル……大さじ1
ルッコラ(ざく切り)……1袋
醤油……大さじ1

<作り方>
1)マグロは全体に塩を振り、10分程度置いて出てきた水分を拭き取ります。先に塩を振ることでマグロの水分を抜き、歯応えのある食感に。余分な水分をとることで、臭みを抜く効果もあります。

マグロに塩を振る

2)フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて弱火にかけ、ニンニクがこんがりキツネ色になるまで揚げます。ニンニクチップは焦がさないように、マグロを焼く前に作っておくのがポイント!

ニンニクチップをつくる

3)ニンニクを取り出し、フライパンに残ったオイルを強火で温めます。オイルが高温になったら、マグロの表面を焼き付けましょう。

マグロを焼く

4)中まで火が入らないよう短時間で手早く全面を焼き、レアステーキ状態になったらまな板に移して食べやすいサイズに切ります。

マグロステーキをカットする

5)皿にルッコラを広げ、その上にレアステーキを盛り付けます。2のニンニクチップをフライパンに戻し、醤油を加えてソースを作り、レアステーキにかけたら完成です。

マグロステーキにソースをかける

ニンニクの香りが立っていて、簡単&おいしいマグロステーキ。出来たてはもちろん、時間を置いても冷めてもおいしい。絶対にまた作りたいと思った一品です!

   

極上のマグロでつくる超贅沢な「自家製ツナ」

ツナ……?って思った方もいるんじゃないかと思いますが、これが想像の100倍おいしい。山口さんは「火入れすると、素材の強さがよくわかるんです!」と解説。素材がいいから、極上の自家製ツナができるんです。

つくった自家製ツナをほぐす

<材料>
マグロサク……1本分(150g〜200g)
塩……ふたつまみ
ニンニク(芽をとり半分に切る)……1かけ
パセリの枝……1〜2本
黒胡椒(粗挽き)……適量
オリーブオイル……適量

<作り方>
1)マグロの全体に塩を振ります。しばらく置いておき、マグロから出た水分は拭き取ります。

マグロのサク

2)鍋にマグロとニンニク、パセリの枝、黒胡椒を入れ、マグロの半分の高さまでオリーブオイルを注ぎます。

ツナづくり

3)火にかけ、弱火で蓋をせずに5分加熱します。じゅわじゅわと気泡が出てきたら、火を弱めて極弱火で10分程静かに煮ます。途中数回マグロの向きを変え、全体に火が入るようにしてください。マグロは強火で熱すると固くなるので、弱火でじっくりと火を入れるのがポイント!

自家製ツナ

出来上がったツナは油に浸けた状態で保存して、サラダやパスタに活用するのがオススメ! オイルもサラダのドレッシングに活用したり、パスタを和えるオイルとしても使えます。最高のマグロでつくる贅沢ツナ、本当においしいですよ!

自家製ツナ

血合いは捨てないで!「血合いの唐揚げ」

新鮮なマグロであれば、血合いまで楽しめます。捨てちゃうなんてもったいない。今日は唐揚げにしていただきます。マグロの血合いは独特の香りがあるので、ニンニクとしょうがで風味づけをするのが忘れちゃいけないポイントです!

血合いの唐揚げにレモンを絞る

<材料>
マグロの血合い……取れた分だけ(200g前後)
★ニンニク(すりおろす)……1かけ
★しょうが(すりおろす)……1かけ
★醤油……大さじ1と1/2
★酒……大さじ1と1/2
片栗粉……適量
揚げ油……適量

<作り方>
1)血合いは食べやすいサイズに切ってボウルに入れます。

2)★の材料を加えてよく混ぜ合わせます。下味をしっかり染み込ませるために、冷蔵庫で1時間以上は寝かせましょう。

血合いに衣をつける

3)冷蔵庫から取り出し、調味料を軽く拭き取って片栗粉をまぶします。

4)180度に熱した揚げ油で1分半〜2分ほど揚げて、表面がおいしそうに色づいたら引き上げます。お好みでレモンを絞って召し上がれ。

血合いの唐揚げ

しっかり下味を付けたから、いやな臭みは一切なし! おいしい唐揚げができました。地元・那智勝浦では、ウスターソースで下味を付けてフライにするのも人気だそうです。

 

こんな感じで、6品のマグロ料理が完成。漬けは先に仕込んでおく必要がありますが、調理自体の時間はそんなに長くはかかりません。あれこれ手間ひまをかける必要はないんです。

なぜなら、マグロ自体が、新鮮でおいしいから。

素材そのままの味わいを楽しんでほしいから。

正直、「捌くのも難しそうだし、大変そう〜」って想像していたのですが、いざやってみると、ハードルはそんなに高くありませんでした。

というか、捌くのも食べるのも、手間よりも楽しさが勝っちゃいます。マグロしか目に入らない豪華な食卓が目の前に並んだ感動は、忘れられません。

マグロラバーなら絶対に楽しめる「おうちでマグロ解体ショー」、ぜひ挑戦してみてください!

マグロ料理の集合

この記事の商品

ヤマサ𦚰口水産
海桜鮪4種盛り(脂メバチ)[ヤマサ𦚰口水産]
¥3,947
商品を見る
GOOD EAT CLUB編集部・くいしん
GOOD EAT CLUB編集部・くいしん

独自の冷凍技術を使って新鮮なままに冷凍されたマグロは、解凍時のドリップによる味落ちがまったくないのが特徴。食べにくい部分もないので、余すことなく食べられるのもうれしいところです。

ヤマサ𦚰口水産
生まぐろブロック1kg(もちビンチョウ鮪)[ヤマサ𦚰口水産](月曜21時締切|金曜発送)
限定商品
¥3,375
商品を見る
GOOD EAT CLUB編集部・くいしん
GOOD EAT CLUB編集部・くいしん

100本のマグロのうち数本しか獲れない希少な「もちビンチョウ」。あっさりとした上品な味わいで、パクパクと食べられちゃいますよ。まずはお刺身でその旨み味ともっちりとした弾力を堪能してほしいです!

ヤマサ𦚰口水産
生まぐろブロック1kg(もち赤身)[ヤマサ𦚰口水産](月曜21時締切|金曜発送)
限定商品
¥5,400
商品を見る
GOOD EAT CLUB編集部・くいしん
GOOD EAT CLUB編集部・くいしん

新鮮なマグロを食べるおいしさや、調理する楽しさも味わえるブロックのマグロ。大迫力のサイズだから、パーティーの主役に! おうちでマグロ解体ショー的な楽しさを味わえます。お刺身はもちろん、漬けやポキ丼などにも。

関連記事

編集部

編集部

関西「家飲み」最前線!|Meets Regional × GOOD EAT CLUB 京/阪/神のめっちゃ旨い!集めました。

グルメを軸に、京阪神のゴキゲンを伝える月刊誌「Meets Regional」編集長の松尾修平です。 今回「関西のオモロい!旨い!」を多くの方々に知っていただきたく、GOOD EAT CLUBとコラボすることに。 誌面で取り上げた酒場&レストランの味をお家で楽しんでいただけるよう、神戸の中華、大阪のイタリアン、京都からは地野菜の名酒場…と、人気店の気の利いたお料理やおつまみを厳選しました。 ...この記事を見る

編集部

編集部

あなたはどっち? 鶏派と豚派に捧ぐ「鍋」の新定番&味変レシピ

さむ〜い季節はやっぱりお鍋! GOOD EAT CLUBのイチオシは、人気店の絶品鍋。 料理人であり自他ともに認める 「鶏ソムリエ」と「豚の匠」が 偏愛を込めて作り上げた最新作です。 あなたは鶏鍋? それとも豚鍋? いつもとちょっと違う新定番の鍋と一緒に 味変アイテムや凄技レシピも伝授します! ...この記事を見る

編集部

編集部

SAVVY×GOOD EAT CLUB 注目の関西スイーツ特集!|はじめまして、SAVVYです。

関西のライフスタイル誌「SAVVY」編集長の竹村匡己です。 突然ですがみなさん、甘いものはお好き…ですよね? 私たちSAVVYはおいしいスイーツ情報に絶対の自信があります! 京都・大阪・神戸を中心に独自の食文化が花ひらく関西。 このエリアは歴史的にみても、食のレベルが高く、おいしくって個性的なお店が多いんです。 それはスイーツにも言えること。全国のみなさんにぜひ知ってほしい、ひと口食べるだけでハッピーになれるお菓子がたくさんあるんです! ...この記事を見る

編集部

編集部

具材もスープもオールインワン!心躍るシャキシャキ食感 極み食材の鍋

新しい鍋を作っちゃいました。 具材とスープをセットにしたので、超簡単。 解凍するだけですぐに準備は完了。 しかも、ヘルシー。 鍋の魅力を知りつくした男が 作りあげた、究極の鍋。 ハマっても、知りませんよ! ...この記事を見る

編集部

編集部

簡単・できたて・旨い! 異次元の「ホイル焼き」 〜「開花亭BIS」3種のホイル焼き〜

こんなホイル焼き、食べたことがない! どこか懐かしくて新しいこの調理法には、 おいしさと驚きに満ちた 「包む」物語があるのです。 和洋のあらゆる味をのせた 食材王国・福井にしかない “口福”をお伝えしましょうか。 ...この記事を見る