具材もスープもオールインワン!心躍るシャキシャキ食感 極み食材の鍋

具材もスープもオールインワン!心躍るシャキシャキ食感 極み食材の鍋

新しい鍋を作っちゃいました。
具材とスープをセットにしたので、超簡単。
解凍するだけですぐに準備は完了。
しかも、ヘルシー。

鍋の魅力を知りつくした男が
作りあげた、究極の鍋。

ハマっても、知りませんよ!

マッキー牧元×GOOD EAT CLUB共同開発!「味一ねぎしゃぶ」と「極みえのき鍋」

ネギが主役の「味一ねぎしゃぶ」、具材とスープを解凍して沸かすだけで超簡単・手軽に作れます。
エノキが主役の「極みえのき鍋」。えのき、細切りキクラゲ、白菜、玉ネギ。噛めば噛むほど楽しい食感を味わえます。

日本中の鍋を食べてたどり着いた、究極の鍋

 

毎年冬になると、落ち着かない。なぜなら鍋の季節だからである。私はなにを隠そう(隠す必要もないが)、一般社団法人「日本鍋奉行協会会長」である。そのため全国の鍋に精通している。

なぜここまで鍋に入れ込んだかというと、鍋を囲むと、囲む人たちの間で、「和」が生まれるからである。さらに言えば、鍋には、料理の基本が詰まっているからである。

水炊き、しゃぶしゃぶ、魚すき、ふぐちり、アンコウ鍋、豚しゃぶ、すき焼き、寄せ鍋など、全国には200種以上の鍋が存在する。だが、あらゆる鍋を食べてきたので、もう滅多なことでは驚かない。そんな私が腰を抜かしたのが、大分で出会った「ねぎしゃぶ」だった。

シャキシャキ食感が楽しい「味一ねぎしゃぶ」

 

「ねぎしゃぶ」と聞いて、腹が空く人は少ないと思う。しゃぶしゃぶといえば、牛肉や豚肉、鯛やハモといったタンパク質が主役になってこそ、威力が発揮されるからである。そんな中、私が出会った「ねぎしゃぶ」のネギは、大分宇佐市で栽培される「味一ねぎ」だった。

 

細いネギであるが、博多細葱やアサツキ等と比べると柔らかく、薬味としては物足りない。だがその柔らかさこそが、しゃぶしゃぶにすると俄然生きるのである。

 

生で齧るとツンとした刺激があって、香りが高い。しかし玉ネギ同様、その刺激要素に火が入ることによって、甘みと転じるのである。柔らかいので、口に繊維が残らないが、ジャキッと噛み切る爽快さはある。

「こりゃあうまい」と叫んで、鱧も豚バラも用意していただいたのに、最後は「ネギ、ネギ、ネギ」と、一同、ネギしか食べずにネギの取り合いとなった。

そして「もうこれから鍋は、味一ねぎしか使わん」と、コーフンして宣言する。それからは、「ねぎしゃぶ」と聞いただけで、お腹がすいてしまうようになったのだった。

このネギで開発したのが今回の豚とネギの鍋である。

 

ネギを豚肉で巻いて食べれば、豚肉とネギの両方の甘みが相乗し、箸が加速して止まらなくなる。こうして、味一ねぎの楽しみ方を極めた鍋が出来上がったのである。

エノキとキクラゲ薫る「極みえのき鍋」

もう一つの鍋の主役であるエノキは、白金台にあるフレンチにて出会った。

エノキといえば、あらゆる鍋に添えられる食材だが、主役ではなく脇役である。脇役の中でも一番地味な存在である。「鍋をしていて、エノキの取り合いになりました」なんていう話は聞いたことがない。しかしそのエノキは違った。明らかに違った。

 

そのフレンチでは、ステーキの付け合わせとして、添えられていたのである。大体フレンチにエノキは似合わない。ステーキの付け合わせにも似合わない。安い食材という印象があるため、高級感あふれるフレンチをはじめとした料理店では、使われない。

ところがどうだろう。そのエノキは食感にたくましさがあって、シャキシャキと弾み、勇壮な味のステーキを盛り上げるではないか。今まで食べてきたエノキとは違う食感と香りがある。

聞けば、高知で栽培している「極みえのき」というブランドだという。それは是非生産者を訪ねなくてはいけないと出かけたのである。

「極みえのき」を作っているのは、高知市にある「横田きのこ」の横田慎二さんである。このエノキの美味しさの秘密は、培地の時に室戸沖の海洋深層水を入れることだという。

 

ミネラルと塩分、カルシウム豊富な海洋深層水で育ませることによって、甘くて歯応えも増し、鮮度保持の長さも増える。高知は魚介が豊富で美味しいことが知られているが、それも栄養分豊富な海で魚たちが育つからである。

エノキもまた、高知の豊かな海の恩恵を受けていた。室戸から海洋深層水を運び、1日250リットルを使う。栽培場を見学させてもらうと、薄暗い部屋の中では、6千本の菌が眠っていた。

 

エノキは、全国で13〜14万トンの生産量で、長野と新潟で8割作られている。ただしこの極みえのきは別格だ。値段も普通のエノキよりは高いが、高いだけの理由がある。これは、安物と思われていたエノキの逆襲ではないか。フレンチでも使われて、エノキの地位を一気に上げるのが、極みえのきなのである。

そんなエノキを鍋にしよう! そして実現したのが、この鍋である。噛んでみて、耳を澄ませて欲しい。「シャキシャキッ!」と、隣の人が噛む音が聞こえるから。

 

スープをゆっくりと味わって欲しい。キノコからにじみ出た滋養が甘みとなって、舌を抱きしめるから。そしてこのスープでつくる〆の雑炊の美味しいこと。もう考えるだけでにやけてしまう。

ぜひ取り寄せて、食べてみて欲しい。必ずやネギとエノキの概念が変わることを約束する。

最後の一滴まで楽しみ尽くせるように、〆までこだわりました

各商品のページでは、GOOD EAT CLUB編集部がマッキーさんから聞いた、スープの最後の一滴まで楽しんでいただくための〆の食べ方をお届けします!

 

この記事の商品

牧元食堂 -マッキー牧元の食いしん坊ショップ-
極みえのき鍋(3〜4人前)[牧元食堂]
ここだけ 売り切れ
¥7,500
商品を見る
マッキー牧元
マッキー牧元

「極みえのき」の力強い食感と香りは、一口目でえのきの概念をガラリと変えてくれるだろう。きのこと野菜の旨みが溶け合ったスープは、3段階の〆で最後の一滴まで食べ尽くして!

牧元食堂 -マッキー牧元の食いしん坊ショップ-
味一ねぎしゃぶ(3〜4人前)[牧元食堂]
ここだけ 売り切れ
¥7,500
商品を見る
マッキー牧元
マッキー牧元

「味一ねぎ」の濃厚な甘みと楽しい食感は、どんどん夢中になるよ。ねぎは豚肉にたっぷりと巻いて頬張るのがミソ。豚肉とねぎの旨みが染み出したお出汁で〆の素麺をすすれば、もう言うことはないね。

関連記事

編集部

編集部

贈り物にもぴったり!京都の花街・祇園で生まれた、からだ想いのクッキー缶

京都・祇園花見小路の粋な風情を楽しめる クッキー缶があるのを知っていますか? 甘味と塩味の両方を味わえる 低糖質素材を使用したクッキーは、 大切な方へのギフトにぴったり! そんな、京都・祇園生まれのクッキー缶「朔音」を バイヤー・カオリンがご紹介します! ...この記事を見る

編集部

編集部

”最新技術”と”生クリーム愛”で実現!できたてのようなふわふわ冷凍ケーキ、開発秘話に迫る

「冷凍なのにこんなにおいしいの?」と 話題のケーキ『ミルキーショート』。 なぜ、ふわふわクリームの冷凍ケーキを 実現できたのか? 今回は、ミルキーショートの開発秘話に迫ります。 冷凍でありながら、フレッシュ。 その秘密は、最新の”冷却技術”と ”本物の生クリーム”へのこだわりにありました。 ...この記事を見る

編集部

編集部

バレンタインデー、なに贈る? 相手&シーン別徹底解説

もうすぐバレンタイン。 今年はどうするか、もう決めましたか? 気になる人に本命チョコ? お世話になった人へのお礼? それとも、お菓子を持ち寄って みんなで女子会しちゃう? どんな過ごし方をする人も、 バレンタインをおいしく楽しんでほしいから。 お相手やシーンに合わせた、 イチオシギフトをご紹介します! ...この記事を見る

編集部

編集部

2023年のスタートに!スタッフ厳選、新春のおすすめ商品4選

2023年、うさぎ年の一年が幕を開けました。 本年も引き続き、多くの方にGOOD EATを お届けできるよう、励んでまいります。 2023年最初のご案内は、新年にぴったりな スタッフおすすめ商品のご紹介です! ...この記事を見る

編集部

編集部

HOLON <蜜柑> 発売記念!"ととのうジン”の魅力に迫る、開発者インタビュー

“ととのう”クラフトジン「HOLON」に、 冬限定のフレーバー、蜜柑が新登場。 発売に合わせて、プロデューサーの 堀江麗さんにインタビューを行いました。 冬限定フレーバーの魅力はもちろん、 HOLONの成り立ちにも迫ります! ...この記事を見る