暮らしに根付く、おいしいものを。達人に聞く!冬のおすすめギフト4選

暮らしに根付く、おいしいものを。達人に聞く!冬のおすすめギフト4選

一年が終わり、
また新しい一年が始まる。

一年の節目となる今の時期は、
大切な人に日頃の感謝の気持ちを
贈るにはぴったりの季節。

GOOD EAT CLUB編集部が、ギフトの達人・岩城紀子さんに、
ギフトの選びかたや、この冬贈りたい
おすすめのギフトを聞いてきました!

食のセレクトショップ「グランドフードホール」を設立し、バイヤーとして日本中のおいしいものを知り尽くした岩城紀子さん。ギフトを贈る機会も贈られる機会も多い、まさに“ギフトの達人”です。

そんな岩城さんは、ギフトを選ぶ際「贈る相手のことをとにかく真剣に考える」と言います。

「相手の好きなものはなにか、喜ぶものはなにか。相手との会話の中に必ずヒントがあるから、今までの会話をじっくり思い出します」

じゃあ、相手がワイン好きならワインを贈ればいいのかというと、答えはNOだそう。

相手の好きなものから“少しだけずらす”のがポイント。なぜなら、ワイン通の人にワインを贈っても、相手は本当においしいものを知っているからしっくりこないんですよ。その場合はワインじゃなくて、ワインに合うおつまみを贈る。コーヒー好きにはコーヒーに合うお菓子を、パン好きには上質なバターを贈るなどすれば、間違いなく喜ばれるでしょう」

一方で、岩城さんが贈らないと決めているのは“流行りのもの”。

「流行りのものは、私じゃなくても誰かが贈るでしょうから。私が贈りたいのは、生活の新しい1ページに刻まれるようなものなんです。たとえば、調味料やお菓子など、人が生活の中で日常的に使ったり食べたりするものってあるでしょう? そこに、ギフトとして出会ったものが新しい定番として加わる。そんな体験を贈りたいんです」

自分の贈ったものが相手の暮らしに根付くなんて、想像しただけで素敵ですね。

一番生活に根付くものだからこそ、大切な人に贈りたい「調味料」

そんな岩城さんが「生活の1ページに刻まれるもの」として紹介してくださったのは、岩城さんが素材にこだわって厳選した調味料のセット。

「贈る相手には健康でいてほしいから、身体にいいものを贈りたいですよね。食生活を健康的にしたいなら、まず変えるべきは調味料です」

岩城さんおすすめ基本調味料セット

種子島の島ざらめ、クリスマス島の塩、三ツ星醤油、土佐酢、基本のだしパック、オイスターソースがセットになっています。どんな料理にも合う、使いやすい調味料を集めたのだとか。

「どれも伝統的な製法で、手間暇をかけて丁寧に作られた調味料ばかり。時間がかかるぶん価格は高くなるけど、その分身体にやさしくて本当においしいんですよ」

調味料セットの箱に書かれたメッセージは岩城さんが考えたもの。言葉のはしばしに、食への信念が表れています。

品物だけじゃなく、「おいしい食べ方」も一緒に贈る

ギフトは選び方だけじゃなく、贈り方にもコツがあります。

「ギフトを贈るときは、使い方や食べ方も一緒に伝えるのがおすすめです。レシピまではいかなくても、『こうやって食べてみて』と伝える。手書きのカードを添えたり、親しい相手ならLINEで送ったりします」

「たとえば」と言って岩城さんが紹介してくださったのは、十割蕎麦の乾麺とめんつゆのセット。こちらを贈るときも、必ずおいしい食べ方を伝えるのだとか。

山形ちば吉十割乾麺そばとマルサヤ蕎麦つゆセット

「おいしく食べるコツは、いいお水で締めること。香りのいいお蕎麦だから、水道水の匂いが移ってしまったらもったいない。浄水か、ペットボトルのお水で締めてください」

贈るのは品物でも、本当に届けたいのは「おいしさ」。相手がおいしく食べられるよう、心配りを忘れないことが大切です。手書きのカードなら気持ちが伝わるし、LINEならそれをきっかけに会話がはずむかも。

年越し蕎麦にピッタリのセットは、まさにこの時期おすすめのギフトです。

お正月に家族で食べたいお菓子

親戚の家へ行く機会が増える年末年始。若い世代にとって、年上の方への手土産選びって難しいですよね。

岩城さんに手土産選びのポイントを尋ねると、「相手の家にお仏壇があるかどうかを確かめる」とのこと。

「お仏壇がある家だと、いただきものをまずお供えするでしょう。だから、日持ちがして、量がたくさん入っているお菓子などが喜ばれます。いくつかお供えして、残りを食べることができるから。日持ちしないのが一番迷惑です」

そんな岩城さんがよく贈るお菓子はこちら。

銘菓の井上 勝ち栗もなか(10個、箱入り)

兵庫県の丹波は、栗と小豆が有名な土地。この“かち栗最中”は「丹波が小豆も栗もトップ」であることから名付けられたそう。

「“勝ち栗”って名前がいいでしょ、縁起がよくて。似たお菓子はたくさんあるけど、このお店は地元の農家から直接栗を仕入れているんです」

もなかを割ると、あんこの中に栗が入っています。余計な甘さがなく、小豆と栗の味が際立つ上品なお味。

「宅配便で送るときは、ぜひ一筆添えてくださいね。『お正月に皆さんで召し上がってください』とか『お仏壇にもお供えください』なんて書いたら、気が利いてて素敵です」

相手の好みがわからないときは……

相手の好みやライフスタイルに合ったギフトを選ぶのは当然として、どうしても相手の情報がわからない場合はどうしたらいいのでしょうか?

「そういうときは、当たり外れがなく、嫌いな人が少ないものを選びます。たとえばフルーツやジュース。牧場アイスもおすすめです」

全国の牧場アイスを食べてきた岩城さんが選ぶ“マイベスト”がこちら。

らいらっくジェラートおすすめセット(バニラ、丹波黒きなこ、ミルクの香り 各2個入り6個セット)

このジェラートは、岩城さん自身もよく人に贈るそうです。

「味はなんてことない。でも、その“なんてことなさ”が素晴らしいんです。添加物など、身体に悪いものが一切入っていないので、毎日でも食べたくなるやさしい味に仕上がっています」

編集部員も食べてみましたが、スーッとなめらかなミルクが喉を通って、味はしっかりしているのにまったくしつこくありません。素人の舌でも、余分なものが入っていないシンプルさがわかりました。

最後に、岩城さんが考える理想のギフトとは?

「食って思い出とセットになって残りますよね。『あのとき、あの人とこれを食べたなぁ』って。食べた記憶が一生の宝物になるような、そんなギフトを贈ってほしいですね」

相手のことを考えてギフトを選ぶ時間は、自分にとっても幸せなものであるはず。

この冬はぜひ、大切な人へギフトを贈ってみては?


■3人のTabebitoに聞いた、この冬おすすめのギフトはこちら

たくさんの「美味しい」を知るGOOD EAT CLUBのTabebitoの方々にも、美味しくて人に贈りたくなる、この冬おすすめのギフトを聞いてきました。

【シズリーナ荒井さん推薦!】3種のバニラアイス食べ比べセット

王道のバニラは、老若男女どんな方にも喜ばれるフレーバー。

年間4000個ものアイスを食べるアイス研究家・シズリーナ荒井さんが全国のバニラアイスの中から選び抜いた、究極のバニラアイス3種セット。王道のバニラは、老若男女どんな方にも喜ばれるフレーバー。全てバニラでありながら、三者三様まったく違う味わいが楽しめますよ。

「全国のアイスを食べ尽くした私の記憶に焼きついた、忘れられないバニラアイスの3種類食べ比べセットです。
記録よりも記憶に残るバニラからの香りのお手紙。ご無沙汰になってしまっているあの人へいかがでしょうか?」

【栗原 友さん推薦!】【極み冷凍】さば寿司 3種食べ比べセット

日本酒やビールだけでなく、意外にもワインとの相性も抜群です。

とろさば料理専門店「SABAR」やサバの養殖を手がける、「鯖や」グループの鯖寿司3種セット。サバを知り尽くした“サバ博士”が、国産のマサバで贅沢に作るオリジナルの鯖寿司です。シンプルなしめサバの棒鮨、白板昆布を巻いた京風仕立て、焼きサバに椎茸の甘煮を合わせたものと、それぞれにサバのどっしり濃厚な旨みを味わえます。

「サバ博士が作る、サバの棒鮨3種セット。どれもサバが肉厚で、脂のりがスゴい! 冷凍で届くから、食べたい時に食べられて、贈られた側が焦らなくていいのも嬉しい。脂がのった国産マサバ、そのおいしさの違いを楽しんで!」

【ヘベレケ・カオリンさん推薦!】大阪の名店「ラ・トォルトゥーガ」の前菜セット

ワイン好きが唸る、クラシックながらも軽やかなシャルキュトリー。ぜひナチュラルワインに合わせて!

フレンチの名店、「ラ・トォルトゥーガ」が作る前菜セット。長野産の信州ポークを使用したシャルキュトリー(豚加工品)はどれも、サラリとした脂と肉そのものの旨みがしっかり味わえます。パテ・ド・カンパーニュやテット・ド・フロマージュ(豚頭の煮こごり)は、カットするだけで上等なアテに。リエットは薄くスライスしたバゲットとともにお召し上がりください。

「大阪の人気フレンチ『ラ・トォルトゥーガ』の自家製シャルキュトリーは、ワイン好きへ贈るにふさわしい名作揃いです。パテ・ド・カンパーニュなど全3品は、お店の前菜としても提供。家にいながらにしてレストラン気分に浸れるのも、嬉しいポイント!」

この記事の商品

「おいしいとこだけ」ストア - 岩城紀子のほんまもん直送便
山形ちば吉「十割乾麺そば」&マルサヤ「蕎麦つゆ」セット
¥3,780
商品を見る
岩城紀子
岩城紀子

日本中の乾麺を取り寄せて「一番おいしい」と思った十割乾麺そばと、この麺に合うものを探し求めてたどり着いた蕎麦つゆ。ギフトにも、家庭にも。年中どんな食べ方でもおいしいお蕎麦のセットを、ぜひ楽しんでください!

「おいしいとこだけ」ストア - 岩城紀子のほんまもん直送便
銘菓の井上「かち栗最中(10個箱入り)」
¥2,268
商品を見る
岩城紀子
岩城紀子

小豆と栗、どちらも最高峰のものを使用した絶品最中。餡の中には、栗がまるごとひとつ入っています。上の世代の方へのギフトとしても最適です。もちろん自分へのご褒美にも。おいしい日本茶とともに、ゆっくりと召し上がれ!

「おいしいとこだけ」ストア - 岩城紀子のほんまもん直送便
ジェラートおすすめ6個セット(バニラ、丹波黒豆きなこ、みるくの香り 各2個入り)[らいらっく]
¥2,400
商品を見る
岩城紀子
岩城紀子

全国の牧場アイスを食べ歩いてきましたが、このジェラートは14年前に出会ってから私にとって不動の一位! 素朴な味が素晴らしく、毎日でも食べたくなります。お子様から大人まで、幅広い方に楽しんでいただけますよ。

関連記事

編集部

編集部

マグロラバー必見!「ブロック1kg」食べ尽くし おうちでマグロ解体ショー!

日本人はマグロが大好き。 でも意外と、 「マグロだけでお腹いっぱい!」 になれることって、あまりないですよね。 そこで僕たちは考えました。 「家で好きなだけマグロを食べたい!」 そんな、マグロラバーのみなさんの思いに 応えられる、最高の逸品を。 今日は、和歌山紀州勝浦から直送の 「生マグロ1kgブロック」を丸ごと使って とにかくマグロを食べ尽くす、 そんな食卓を提案させてください。 バツグンにおいしいのはもちろん、 愛するマグロと向き合って、 心を込めて捌くのって、 めちゃくちゃ楽しいんです!! ...この記事を見る

編集部

編集部

関西「家飲み」最前線!|Meets Regional × GOOD EAT CLUB 京/阪/神のめっちゃ旨い!集めました。

グルメを軸に、京阪神のゴキゲンを伝える月刊誌「Meets Regional」編集長の松尾修平です。 今回「関西のオモロい!旨い!」を多くの方々に知っていただきたく、GOOD EAT CLUBとコラボすることに。 誌面で取り上げた酒場&レストランの味をお家で楽しんでいただけるよう、神戸の中華、大阪のイタリアン、京都からは地野菜の名酒場…と、人気店の気の利いたお料理やおつまみを厳選しました。 ...この記事を見る

編集部

編集部

あなたはどっち? 鶏派と豚派に捧ぐ「鍋」の新定番&味変レシピ

さむ〜い季節はやっぱりお鍋! GOOD EAT CLUBのイチオシは、人気店の絶品鍋。 料理人であり自他ともに認める 「鶏ソムリエ」と「豚の匠」が 偏愛を込めて作り上げた最新作です。 あなたは鶏鍋? それとも豚鍋? いつもとちょっと違う新定番の鍋と一緒に 味変アイテムや凄技レシピも伝授します! ...この記事を見る

編集部

編集部

SAVVY×GOOD EAT CLUB 注目の関西スイーツ特集!|はじめまして、SAVVYです。

関西のライフスタイル誌「SAVVY」編集長の竹村匡己です。 突然ですがみなさん、甘いものはお好き…ですよね? 私たちSAVVYはおいしいスイーツ情報に絶対の自信があります! 京都・大阪・神戸を中心に独自の食文化が花ひらく関西。 このエリアは歴史的にみても、食のレベルが高く、おいしくって個性的なお店が多いんです。 それはスイーツにも言えること。全国のみなさんにぜひ知ってほしい、ひと口食べるだけでハッピーになれるお菓子がたくさんあるんです! ...この記事を見る

編集部

編集部

具材もスープもオールインワン!心躍るシャキシャキ食感 極み食材の鍋

新しい鍋を作っちゃいました。 具材とスープをセットにしたので、超簡単。 解凍するだけですぐに準備は完了。 しかも、ヘルシー。 鍋の魅力を知りつくした男が 作りあげた、究極の鍋。 ハマっても、知りませんよ! ...この記事を見る