焼きたてパンとビールでゆる〜く乾杯。週末を満喫する「昼飲み」のススメ

焼きたてパンとビールでゆる〜く乾杯。週末を満喫する「昼飲み」のススメ

秋晴れの週末。
朝から洗濯も済ませちゃって、
なんだか今日は気分もいいし
昼から一杯いっちゃおう。
近所の友達も呼んで、
焼きたてのパンと軽やかなビールで乾杯!

リビングに気持ちのいい風が入る11月。

お気に入りのカフェで過ごすのもいいけれど、たまにはおうちでちょっと贅沢するのもいいかもね。

近所に住んでる友達に声かけて、美味しい焼きたてパンでも食べながら、ゆるっとおしゃべりしたり、昼間っからビールなんて開けちゃったり。

今日はこれにしよう。「パンデュース」の季節のパンセットから、おつまみになりそうな旬野菜のパンや小麦の香りがするリーンな食事パンを選ぶ。オーブンでバリッと焼き上げて、熱々を食卓に。ビールは2種類。お互い好きな方を開けて、乾杯!

シャキッと甘い玉ねぎスライスがのったインパクト大!な玉ねぎガレットや、ほこほこしたレンコンとスモークチキンがたっぷりのったタルティーヌ。味付けは最小限で、野菜やパン生地自体の滋味深い味がまっすぐ届く。

急速冷凍されているこのパン。食べる前にオーブンで焼くことで、一番美味しい状態に仕上がるように調整されているそう。冷凍庫に常備しておけば、いつでも好きな時に焼きたてが食べられる。それって、徒歩0分のパン屋さんが冷凍庫にあるってこと。毎日の充実度を確実に高めてくれる、ありがたいパンなのです。

最初は軽い、左のビールから飲もうかな。最近よく見かける「COEDO」シリーズの中でも、「Ruri」が私のイチオシ。綺麗な黄金色のピルスナータイプで、上品な口当たりと柔らかな苦味が、昼から飲む1杯目にピッタリ。

こっちのビールは、カフェが作ったものなんだって。

コーヒーをたっぷり使っているから、コクのあるビールにコーヒーのアロマが混ざり合って、パンにすっごく合う。コーヒービールにありがちな重たいスタウトタイプじゃなく、アルコール度数が低くて軽い飲み心地だから、旨味の濃いアイスコーヒーでも飲んでる気分。常温になっても美味しくて、ゆっくり飲めるのもうれしい。

とっておきの「ラ・トォルトゥーガ」のコンビーフも、せっかくだから今開けちゃおう。「コンビーフ」って名前だけど、ほぐされていない牛の塊肉がゴロンと袋から出てくる。想像していたコンビーフよりもずっと贅沢で、しっとり柔らかいお肉にぷるんととろけるゼラチン質がいい塩梅。

小麦が香るパンにのせて、ディジョンマスタードを添えてせーのでぱくっと。

噛み締めるたびに牛肉の旨味がとろじゅわ〜……。思わずふふっと笑いがこみ上げて、友達と目を合わせて美味しさを分かち合う。こういう瞬間が、誰かと一緒に美味しいものを食べる醍醐味だよね。

オーブンから漂うパンの香ばしい麦の香りにつられて、ビールもおしゃべりも止まらない。こんなにリラックスしてゆっくり楽しめるのは、おうちだからかも。

まだまだ週末は長い。もう1本だけ、開けちゃおうか。フルーツやチーズをつまんだりして、このまま延長戦に突入するのも、いいかもね。

関連記事

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

酒職人・松本日出彦 武者修業の裏ストーリー 僕らの晩酌、栃木流。

僕は生まれ育った「松本酒造」を去り、 酒造りの武者修業に出ている。 声をかけてくれたのは、 オリジナリティを確立している 5蔵の蔵元たち。 彼らと日々、過ごす中で見えてきたこと。 それは日本酒がある地方ならではの景色、 人との交流、その土地にしかない 「酒と飯」の旨い出合いだ。 栃木・仙禽で造らせてもらったのは コラボ酒「仙禽×松本日出彦 オーガニック・ナチュール」。 この酒には、仙禽のお膝元・さくら市の名物 「ヤシオマス」と「鮎甘露煮」がピタリと合った。 この地ならではの、味わいのハーモナイズに どっぷり酔いしれてほしい。 ...この記事を見る

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

人気シェフの3stepレシピ付き! 秋の夜長の「酒とおつまみ」 日本酒 編

実りの秋は、心とカラダが“おいしい”を欲する季節です。 ナチュラルな造りがなされたお酒を ゆるりゆるりと飲みながら、お家ご飯を作り 秋の夜長を楽しむのはいかがでしょう。 自然派の日本酒に合わせたい 3ステップの簡単レシピを、 お酒好きのシェフが指南します。 ...この記事を見る

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

人気シェフの3stepレシピ付き! 秋の夜長の「酒とおつまみ」 ナチュラルワイン編

実りの秋は、心とカラダが“おいしい”を欲する季節です。 ナチュラルな造りがなされたお酒を ゆるりゆるりと飲みながら、お家ご飯を作り 秋の夜長を楽しむのはいかがでしょう。 ナチュラルワインに合わせたい 3ステップの簡単レシピを、 お酒好きのシェフが指南します! ...この記事を見る

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

酒職人・松本日出彦、武者修行の裏ストーリー。僕らの晩酌、福岡流

僕は生まれ育った「松本酒造」を去り、 酒造りの武者修業に出ている。 声をかけてくれたのは、 オリジナリティを確立している 5蔵の蔵元たち。 彼らと日々、過ごす中で見えてきたこと。それは 日本酒がある地方ならではの景色、人との交流、 その土地にしかない「酒と飯」の旨い出合いだ。 福岡・白糸酒造で造らせてもらった コラボ酒「田中松本」。 そして、僕がこよなく愛する博多の人気居酒屋 赤坂こみかんで作られた「拓ちゃん明太子」を。 この地ならではの、味わいのハーモナイズに どっぷり酔いしれて欲しい。 ...この記事を見る

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

コニタン的 「まんぷくナチュールワイン道」 大阪「たこりき」小豚饅編

ナチュールワインと、うまい飯。 その究極の組み合わせを知りたくて、 今日も僕は突き進む…! 今回まんぷくになったのは、 だしのうまみジュワリな たこ焼きが名物の「たこりき」。 店主・今吉さんは手作り“粉もん”の達人! なかでもナチュールとめちゃ合う 「小豚饅」が僕のハートを掴んだのです! ...この記事を見る