帰省できなくても、故郷を食べる! どさんこガールのおうちで北海道グルメ

帰省できなくても、故郷を食べる! どさんこガールのおうちで北海道グルメ

北海道生まれ、北海道育ちの私。

東京にも好きなところは沢山あるけれど
懐かしい味を食べたり、
地元ならではのおいしさに触れると
やっぱり心はきゅっとする。

いろいろあって帰省できない日々でも
北海道への愛を食欲に代えて、
北のグルメを心ゆくまで食べ尽くします。

生まれ育った北海道から上京して、6年目になる。
東京も意外と居心地は悪くない。
でも、ふとした時に「北海道帰りたいなぁ」と思う瞬間はやっぱりある。

家族や友達に会いたいのはもちろんだけど、「北海道のあの味が食べたい」という地元愛もふつふつ沸いてきて……。

帰れないなら、おうちで北海道の味を堪能しちゃえばいいじゃないか!

「北のシーフードグラタン」は、その名の通り北海道のシーフードがてんこもり。ごろんと入ったホタテや、エビのぷりんっとした食感がたまらない。

ということで、北海道気分をぐっと高めるために今日選んだのは、札幌にある「KITA COVO PARK DELI」のシーフードを使ったグラタンとキッシュ。

なぜかと言えば、海産物と乳製品が、一番北海道を感じられる素材だから。
東京にもある身近な食材だけど、やっぱり道産のものを食べるとそのおいしさは格別で、舌がそれほど肥えていない私でも「違うな」と気付けるくらい。

レンチンで簡単に調理できるところも嬉しくて、一瞬で北海道へトリップできちゃうのだ!

電子レンジから温めたグラタンを取り出して、テーブルへ。

おいしい土地で育った人は、食べ物の一番おいしい瞬間を知っている気がする。
冷たいバターをちょこんと乗せた蒸したてのジャガイモとか、寒い冬にこたつで食べるソフトクリームとか。

だから私も、熱々なのは十分承知で、ふーふーしながら火傷を恐れずひと口。
グラタンは絶対、湯気まで食べなくっちゃ意味がない。

う〜、優しくてちゃんとおいしい。

グラタンってどうしても、トッピングのチーズの塩気に具材の味が負けてしまって、「全部チーズ味」になってしまいがち。
でもKITA COVOさんのはとにかく塩味が優しくて、ミルクそのもののコクがしっかり伝わってくるんだなぁ。
思わず、「北海道の牛乳の味だ」と嬉しくなっちゃう、そんなクリーミーさ。

そして主役のシーフード登場。
マイルドなホワイトソースの中で、ぷりっぷりのエビを噛んだ瞬間、海のエキスがぱーんと弾ける。
「今エビ食べてます〜!」って喜びが身体中に漲る感じ、大袈裟じゃなく。

しかもスプーンですくう度に、何かしらシーフードが乗っかってきてくれる、この贅沢さ!
こうやって具材をケチらないのも、北海道の人の懐の深さだなと。
おにぎりの具も、大福のあんこも、何だってぎっしり詰めてくれるんです(笑)。

お次はキッシュ。
せっかくだから、欲張って「5種キノコとトマト」と「ホタテと雲丹」の2種類をカットした。

キッシュは大きめサイズで届くので、3分の1の大きさにカットして。「5種キノコとトマト」はキノコの出汁が口の中にじゅわっと広がる。最後にトマトの酸味が甘酸っぱく仕上げてくれるから、また次のひと口が食べたくなるんだ。

幼い道産子だった私も大人になりましたからね、ここは白ワインと合わせて。

くーっ、沁みる。

側面を見ただけでわかる、ウニとホタテの存在感。
ウニを食べるのなんて久しぶりすぎて、俄然テンションが上がる。

キッシュってしっかり焼き上げてどっしりとしたものが多いけど、このキッシュはとろーんととろけて、ホワイトソースのように滑らか。

重すぎないからワインのお供としても優秀で、簡単なサラダを添えるだけでちょっとお洒落なバルの一品みたいになる。

そんな軽さはありつつも、ウニの味わいは濃厚で、バランス感覚抜群。
正直、「ウニは生じゃないと」って思っていたけれど、溶けるような食感と心地よい塩味っていうウニの魅力を、最大限引き出してくれているところに拍手です。

とどめを刺すような大ぶりのホタテに、思わずにんまり。
東京のスーパーに並ぶ、あの縮こまったようなホタテとはもはや別物。
そのうまみを逃すまいと、ワインでくいっと流し込む。

好きな時に、好きなように、帰省できればいいけれど。
そうもいかない日々だからこそ、今ここでできるやり方で、思いっきり地元を満喫するのが私流。

小さい時からずっと変わらず、私は北海道に胃袋を掴まれている。
だから、場所にかかわらずふるさとの味を食べれば、気持ちはちゃんとそこに帰れるんだ。
ああ今私は、間違いなく、北海道を食べている。
離れたからこそ感じられた地元の食のありがたさに、ありったけの愛をこめて、今日もごちそうさまでした!

この記事の商品

KITA COVO PARK DELI
北海道の海の幸で口の中が幸福!/クリーミー北海道キッシュ 海鮮3種セット(「知床サーモン」「カニとカニみそ」「ホタテと雲丹」各1個)
¥4,860
商品を見る
GOOD EAT CLUBバイヤー・大山
GOOD EAT CLUBバイヤー・大山

北海道といえば、海鮮と乳製品(牛乳&チーズ)!この北海道の食材ツートップを一度に味わえるのが、クリーミー海鮮キッシュのセット。カニとカニみそのキッシュに、ホタテと雲丹のキッシュ…北海道の贅沢な海の幸にやられます。

KITA COVO PARK DELI
北海道ミルクのトロッと感!/クリーミー北海道キッシュ 定番3種セット(「知床サーモン」「パンツェッタ」「5種キノコ」各1個)
¥4,212
商品を見る
GOOD EAT CLUBバイヤー・大山
GOOD EAT CLUBバイヤー・大山

「なんだこのミルク感…!」このキッシュを食べた瞬間、きっと驚くはず。濃厚ミルキーな味わいと、軽い生地のサクサク感がクセになる。食材王国・北海道の素材をふんだんに使った定番人気のキッシュセット。

KITA COVO PARK DELI
ソースから手作り!レンジで簡単調理/北海道グラタン3種セット(「道産粗挽き牛肉のボロネーズ」「余市産豚肉のパンチェッタトマト」「北のシーフード」各2個)
¥5,148
商品を見る
GOOD EAT CLUBバイヤー・大山
GOOD EAT CLUBバイヤー・大山

ボロネーズの牛挽き肉、パンツェッタ用の豚肉、贅沢なシーフード……道産の食材に徹底的にこだわった「北海道グラタン」3種セット。それぞれの個性を食べ比べるのが楽しい!あと、デミグラスソースがやたらとうまい。

KITA COVO PARK DELI
北海道の食材の優しさに包まれる!/北海道グラタン2種セット(「道産粗挽き牛肉のボロネーズ」「余市産豚肉のパンツェッタトマト」各2個)
¥3,240
商品を見る
GOOD EAT CLUBバイヤー・大山
GOOD EAT CLUBバイヤー・大山

マカロニやベシャメルソースの小麦・牛乳・バター・生クリームはすべて北海道産!素材の良さを引き立てる優しい味付けのソースからすべて手作り、メイド・イン北海道を詰め込んだ王道のザ・グラタン。

関連記事

編集部

編集部

ドーナッツ作りもキットで簡単! クラフトおやつでハッピーハロウィン

今年のハロウィンは日曜日! 家族で一緒に。 いつもよりちょっとスペシャルなスイーツを おうちで作ってみませんか? わいわい楽しい1日を盛り上げる、 GOOD EAT CLUBのおいしいスイーツレシピを ご紹介します! ...この記事を見る

編集部

編集部

日本一のお魚天国に危機!? 対馬のフードロスを美味しく解決

2016年にフェスの出演で 初めて訪れた長崎の離島「対馬」。 なんだ!この大自然は……! 海に近い鎌倉で育った僕にとっても 未体験の海と空の美しさに感動しました。 そして、魚の美味しさは別格。 食いしん坊にはたまらない お魚天国だったのです…… そんな対馬には、いま大きな悩み事があるという。 そのお悩みを食で解決するために、 料理研究家として、僕、伊地知潔が協力します。 ...この記事を見る

編集部

編集部

顔も名前も公開NG。伝説の松茸ハンターに聞く、ここでしか話せない松茸裏話【当サイト限定・松茸販売あり】

この秋、いつもと違うスペシャルな美味に出合いたい……。 そう考えている時に、 南信州で凄腕の“松茸ハンター”さんに会いました。 松茸山にはクマもイノシシも出るけど、「一番怖いのは、人」。 通常は決して正体を明かさないという松茸ハンターさんが、 特別に松茸トークを聞かせてくれました。 ハンターならではの松茸の美味しい食べ方にもびっくり! 本物の国産松茸ってどんな味だろう……。 そんなあなたに食べて欲しい、凄腕ハンターの松茸。 私と一緒に、初体験してください! ...この記事を見る

編集部

編集部

磯の風味がたまらない!「厳選 生海苔佃煮」をたっぷり使った絶品レシピ

史上最年少で皇室に海苔を献上した経験を持つ海苔漁師・ 相澤 太さんがつくる「厳選 生海苔佃煮」。おいしい逸品をたっぷり使った贅沢なアレンジレシピをご紹介します。 ...この記事を見る

編集部

編集部

95歳の看板娘に会いたくて 世界を旅したスズ子ばあちゃんの海鮮ピザ

トミーナは豊洲市場内の イタリアンレストラン。 魚河岸の新鮮な魚介を たっぷりつかったメニューが 素晴らしい。 でも素晴らしいのは料理だけじゃない。 トミーナに行くことがあったら、 厨房を覗いてみて欲しい。 テキパキとピザを焼いている、 おばあちゃんがいるから。   土井スズ子さん、95歳。 大正の終わりに生まれて、 昭和、平成、そして令和と生き抜いてきた スズ子さんの人生を知ると、 トミーナのピザが もっともっとおいしく感じるはずだ。 ...この記事を見る