おいしい実験! おうちで発酵「ぷくぷくドーナツ」

おいしい実験! おうちで発酵「ぷくぷくドーナツ」

せっかく子どもと過ごせる土曜日。
家族みんなでできる遊び、何かないかな?

こんな日は私の唯一の得意技、”料理”を使って
一緒に夢中になってみよう。

初めての料理は実験みたいで楽しいし、
できたてを頬張ればおいしさも格別。

よーし、今日はドーナツを作ろう!

子どもと過ごす休日は、とにかくせわしない。
公園とかゲーム以外に、何かおもしろいことないかなぁ。

そんな時に思い出したのが、私が小さい時にお母さんと遊んだドーナツ作り!
簡単だし、生地がぷくぷく膨らむのを見るだけでわくわくする。
そしてやっぱり、ドーナツは揚げたてが最高なんだ。
あのおいしさを子どもにも教えたいし、何より私が食べたい……

そんなわけで今日は、HIGUMA Doughnutsのドーナツキットにお世話になっちゃおう!

「HIGUMA Doughnuts」の「FROZEN Doughnuts」は成形されたドーナツ生地が冷凍状態で届く。最後の発酵と揚げる工程をお家でするだけで、簡単に揚げたてドーナツが食べられるという商品。トッピング用のシュガー3種付き。

▶︎ヒグマ ドーナツ3種の購入はこちら

「ドーナツってどうやって作るの?」

「作り方の紙、見てみよっか! まずは生地を発酵させて、油で揚げればもう出来上がりだって。」

「お店にあるドーナツしか見たことなかったけど、元々ぺたんこなんだね! これがドーナツの子どもだって思うとかわいくてわくわくする。」

そっか、そういえば子どもの頃って、お店に並ぶ食べ物がどんな風にできてるか全然わからなかったなぁ。食べ物の「元のかたち」を知ることが、子どもにとっては新鮮で宝探しみたいなものなんだ。

「そう、びっくりでしょ。でもね、ここからどんどんドーナツの形に変身していくんだよ。」

冷凍庫から生地を取り出したら、小さく切ったクッキングシートに乗せて解凍させる。

「ドーナツって何からできているの? ちょっと黄色いから、たまごとか?」

「当たり! たまごの他には、小麦粉かな。あと、忘れちゃいけないのがイーストね。」

「イーストってなに? 食べたことないと思う。」

「イーストはね、そのままでは食べたことないと思うけど、実はいろんなものに入ってるんだよ。パンが膨らむのはイーストのおかげなの。」

そんな話をしていたらあっという間に時間が経って、クッキングシートの上の生地がぷっくりと膨らんできた。

発酵が進んでぷくぷくと膨らんだ生地をじーっと見つめる。大体1時間ほど発酵させれば準備OK。

「うわあ、ドーナツがおっきくなった!!」
「ぷにょぷにょしてて、私のほっぺみたい。」

「ほんとだね! こうやってドーナツが膨らむのを『発酵』っていうんだよ。」

「へ〜、イーストが『糖』っていうのをパクパク食べると、ガスが出てきて生地をふくらませてくれるんだね。」

「うん。だからこのドーナツの生地のなかでも、イーストくんが頑張ってガスを作ってくれてるんだよ。よし、しっかりふくらんだから、そろそろお鍋で揚げようか!」

ここからは、私の出番。

揚げ物はちょっと面倒に感じるけれど、いざ揚げ始めるとみるみるおいしそうになっていく姿と香ばしいにおいに、たまらなくなる。
おいしさの前では、大人も子どもも、みんな同じ。

菜箸を入れて、細かい泡が静かに立つくらいの低い温度で、焦げないようにじっくり揚げる。

「お店にあるドーナツの形になった! まだ食べちゃだめ?」
「もう少しかなあ……じーっと見て、『おいしそうな色』って感じるまで我慢するのが大事なの。あとちょっと待ってね。」

「よーし、完成!」

「ほんとだ! おいしそうな色とにおいになった……! ねえ、これ食べていい?」

揚げたてのドーナツを我慢するなんて、真夏の海に行って泳がないくらいもったいない。
ちょっと熱くたって、はふはふっと頬張るあの幸せを子どもの頃に味わったほうが、きっと幸せな気がする。

思わずつまみぐい。だっておいしそうなんだもん……。あつあつなので、やけどには注意してね。

「あっち……(パクっ)カリッとしてるのにふわふわで、こんなドーナツ食べたことない!」
「お兄ちゃんだけずるい、私も食べる!」

初めて食べるドーナツがこれなら、好きな食べ物ランキングのベスト3に、絶対ドーナツが入るだろうな。

シンプルに揚げたてを頬張ったあとは、おうちドーナツの醍醐味、「味変」タイムだ。

シンプルなシュガーとシナモンシュガー・黒豆塩きな粉パウダーの3種類が付属。好きなものを好きなだけトッピングできるのも、おうちならでは。
自分たちで作るとおいしさもひとしお。何も我慢せず思いのままに、パクッとひとくち頬張って。

「お砂糖たっぷり、おいしい! 次はシナモンかけてみる。」
「お母さんはきな粉かなあ……揚げたてだと、何個でも食べれちゃうね。」
「うん、止まらない。夜ごはんもドーナツがいい!」

毎日の料理も、子どもと一緒にすれば全然違うものになる。
一つ一つの工程が発見にあふれていて、「食育」なんてかしこまらなくても、自然と学びになるんだなぁ。

何よりも、子どもたちが夢中になってくれたことが嬉しかった。

「実験みたいで楽しかった! 他のパンも作れるようになるかな。」
「じゃあ次はメロンパンがいい!」

料理って、子どもにとっては、おいしくて楽しい最高のお勉強かもしれない。
普段は忙しくて子どもとキッチンで遊ぶ余裕なんてないけれど、たまには休日に、こうやって一緒に料理してみよう。
算数や国語は教えられない私でも、料理なら先生になれるから!(笑)

この記事の商品

HIGUMA Doughnuts
おうちでヒグマドーナッツ(プレーン)[Higuma Doughnuts]
¥1,950
商品を見る
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田

"はるゆたか”を中心に特別にブレンドした小麦粉や、厳選した北海道の素材でひとつひとつを手作り。ふわふわもちもちが病みつきになるドーナツでこの美味しさがお家で簡単に作れちゃうことがこのセットの最大の魅力です!

HIGUMA Doughnuts
おうちでヒグマドーナッツ(3種のパウダーつき)[Higuma Doughnuts]
¥2,100
商品を見る
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田

"はるゆたか”を中心に特別にブレンドした小麦粉や、厳選した北海道の素材でひとつひとつを手作り。ふわふわもちもちが病みつきになるドーナツでこの美味しさがお家で簡単に作れちゃうことがこのセットの最大の魅力です!

関連記事

わたしの相棒パンクラブ

わたしの相棒パンクラブ

正解は理想のパン作りにあった。究極のオリジナルカレーパン | パンラボ・池田浩明プロデュース!「カレーパンの正解」

沢山のカレーパンを食べてきたが、 やっと僕が思う「カレーパンの正解」を 導き出すことができた。 小麦の甘さが引き立つ生地と とろっとしたカレーが 口の中で「とろけあう」。 史上最強の口福を生み出す、 カレーパンの方程式を とくとご覧あれ。 ...この記事を見る

わたしの相棒パンクラブ

わたしの相棒パンクラブ

このパンは、恋人じゃなくて相棒。

...この記事を見る

わたしの相棒パンクラブ

わたしの相棒パンクラブ

焼きたてのおいしさが瞬間冷凍! いま冷凍パンがすごい。

冷凍パンはおいしくないと思っていませんか? いえいえ、急速冷凍するからこそ パン釜から出したばかりの フレッシュさを保つことができるのです。 しかも、保存料など添加物を使わなくて済むから 素材らしさを生かしたパンに出合える。 その感動を教えてくれたのは 大阪「パンデュース」の米山雅彦シェフでした。 「身体にいいパンを届けたい」 「もったいないパンを減らしたい」という パン職人の愛とともに…… 私はこう断言したい。 パンは冷凍だからこそ、おいしい! ...この記事を見る

わたしの相棒パンクラブ

わたしの相棒パンクラブ

世界1位の食いしん坊“が発掘!日本全国「次世代スターシェフ」【渡邉卓也 JIN 仁】

ぼくは、外食がだいすきだ。 絵画を目で見たり、 音楽を耳で聴いたりするように、 「食」という、料理人の表現を 口で鑑賞することが好きなのだ。 今まで120ヵ国以上を旅して、 感動する料理に出会うことに 人生を捧げてきた。 そんなぼくが今応援したいのは、 「日本の地方の若手シェフ」。 以前は日本の地方で 革新的なレストランを続けることは 難しかったけれど、 SNSが広がり、おもしろいことを していれば話題になる地盤ができてきた。 働き方改革が進み、 平日に人々が移動しやすくなれば、 その流れはさらに加速するだろう。 日本の地方はこれからもっとおもしろくなる──。 今回は、そんな予感を確かなものにしてくれる、 次世代スターシェフの逸品を選んでみた。 とくとご賞味ください。 ...この記事を見る

わたしの相棒パンクラブ

わたしの相棒パンクラブ

又吉直樹の「楽屋にあると明日から頑張ろうと思える差し入れ」【ビストロ喜楽亭「かれーパン」】

二十歳の頃から劇場に立ってきた僕が、 いつも元気をチャージするのは、 楽屋の差し入れでした。 これまで食べてきたなかで 特に記憶に残っている “差し入れの名作”たちをご紹介します。 ...この記事を見る