幻の野外レストラン「DINING OUT」が爆選!今日本で一番飲むべき「本当に美味しいお茶」6選 「日本選抜『利き茶』セット」

幻の野外レストラン「DINING OUT」が爆選!今日本で一番飲むべき「本当に美味しいお茶」6選 「日本選抜『利き茶』セット」

日本のどこかに突如現れる
プレミアム野外レストラン「DINING OUT」。

その土地の上質食材を発掘し、
大自然や文化財の敷地内など特別な空間で、
一流シェフがその時限りの料理をふるまう、
五感をフルに使って地域の魅力を体験するイベントだ。

日本各地で9年に渡り開催し、その中から厳選した、
いま日本で一番飲むべき6種のお茶を本気でセレクト!

一生出会えない味をぜひこの機会にご賞味ください!
 

最近、お茶って飲んでますか?

ペットボトルでは飲むけど、料理に合わせて飲むお茶の種類を選んだり、生活のシーンに合わせて飲むお茶を考えたり…あんまりしませんよね?

でも本当はお茶って、私たちが知るよりはるかに奥が深くて、多彩な存在なんです。

そんな事実を教えてくれたのが、日本各地で地域に紐付いたプレミアムな食体験を提供する、幻の野外レストラン「DINING OUT」チームの食材担当・宮内隼人さん。

今回は、食材発掘のプロである宮内さんが、「DINING OUT」過去開催地の中で出会った、こだわりのお茶屋さんを3名紹介してくれました。

「DINING OUT」食材担当・宮内隼人さん

「町のすべての住民の好みを把握したお茶屋さん」
「天皇杯授与歴のある高千穂の山の上でつくられたお茶」
「オシャレで今風なんだけど、140年以上続く超老舗のお茶屋さん」

宮内さんは「DINING OUT」開催ごとに、長期間その土地を巡り多くの生産者さんと直接対話をしています。その中で、特にこだわりが強くひと口飲んだだけで固定観念を覆すレベルの茶葉を育てるお茶生産者・問屋さんたちを、紹介してくれました。

(以下、宮内隼人さん)

地元住民の好みを知り尽くす「今川玉香園茶舗」

まずは、広島県尾道市にある今川玉香園茶舗さん。今川さんは瀬戸内の食文化を深く理解し、地元のお客様に寄り添いながらお店を営む、昔ながらの茶問屋さんです。

何がすごいかって、尾道に住んでいる人たちみなさんの好みを把握しているんです。「◯◯さんが来たらこの合組(ブレンド)の比率」とか、◯◯さんが「いつもの」って言ったらいつものが出てくる。「それがお茶問屋の仕事です」って聞いたときにものすごく感動しました。


今川さんのお茶からは、「八女上陽さえみどり」と「玄米茶」を選ばせていただきました。

僕が今川さんにお願いしたのは、「食事どきのお茶」。さえみどりはお食事のあとに。つまりそれって、お茶単体でも楽しめるということ。ワインだったらそれ単体でも、飲みながら、ゆったりとした時間を過ごすことができる。そんな風に、ちょっとリッチな気分で楽しんでいただけたらいいなあと。

旨味が強く、苦味の少ない味わい。「茶葉が育つ標高が上がり過ぎると山の香りが立つ代わりに苦味も比例して上がるので、中位の標高がよい」と今川さん

玄米茶はお食事中に飲んでいただくのがおすすめです。玄米茶のもとになる玄米は、本当なら飯米として食べたいくらいの上級のうるち米。なので、お茶漬けにしてもいいかもしれない。

香ばしさがあって、食欲をそそるサッパリとした味わい

僕がお茶にのめり込んだきっかけのひとつが、「DINING OUT」で、あるシェフが食事とのペアリングを試していたときのことです。一部は、ワインペアリングよりも、お茶のペアリングのほうが満足度が高いことを学びました。

その時シェフから学んだのは、いいお茶を飲むと、お酒に酔ったのと同じようないわゆる「お茶酔い」の状態になると言うこと。つまり、食事が終わったあとの満足感や幸福度が、お酒に負けないくらいすごく高いということですよね。

お酒の場合って、ワインでも日本酒でも、その土地の気候風土や文化に応じたものがつくられます。実は、お茶もそう。気候風土に大きな影響を受けるんです。

高千穂の自然と農家の叡智。天皇杯を受賞した「宮﨑茶房」

宮崎県にある農家の宮﨑茶房さんは、標高の高い高千穂の山の上で、在来品種の茶葉を育てています。

しかも、昭和初期からお茶づくりを始めて、1983年には農薬を一切使わないお茶づくりに移行。さらに2002年には農林水産祭で最高賞となる天皇杯を受賞されています。

宮﨑茶房の代表・宮﨑亮さん

宮﨑茶房さんがすごいのは…、あるときテレビで台湾の人が高山烏龍茶をつくっているのを観たらしいんですよ。そうしたら、「これってうちでもつくれるんじゃない?」と思って、つくってみたら、一年目でおいしいお茶がつくれちゃった(笑)。

でもそれは偶然。その後、何年かトライしたものの、同じ味にならなかった。収穫の何日前に雨が降ったとか、そういった違いがあったようなんですね。収穫時に葉がどれだけ水分を含んでいるかとか、日光にさらして自然発酵させる時間も分刻みだったりとか。年月をかけておいしさを再現できるようになって、今は高千穂烏龍茶として展開しています。ものすごく研究熱心な方なんですね。

今回、おすすめしたいのは紅茶と白茶(しろちゃ)。

ふつうお茶って、揉捻(じゅうねん)するんです。つまり、茶葉を揉むということ。でも白茶は、収穫したものをそのまま揉まないでお茶にしていく。だから、茶葉の表面がふわふわの産毛で覆われています。

白茶は、僕としては目覚めの一杯。ほんのり甘く、涼やかで優しいスッキリとした味わいなので、朝に飲んだら一日が気分よく始まるようなイメージ。

機械摘みと手摘みと両方やってる農家さんですが、今回はスペシャルオーダーなので、手摘みの茶葉100%。だから、雑味が全然ないんです。

スッキリしていて、ハチミツのような甘い香りが心地いい

紅茶は、紅茶らしく午後のティータイムに合わせてみてほしいのですが、贅沢だし、洋菓子にすっごく合うのでぜひ試してみてほしいです。日本各地の紅茶を飲んできましたが、宮﨑さんの紅茶は、本当においしいですよ。

熟成されたコクがあり、華やかな香りが立ちフルーティー

オシャレで今っぽいけど実は老舗。140年以上続く「chagama」

静岡県のchagamaさんは、「ほうじ茶+クローブ」と「煎茶+レモングラス」という、ふたつのフレーバーティ。

オシャレな感じのお店の外観だし、雰囲気が今っぽいから、一見まだ若い会社なのかなって印象なんですけど。実際は創業明治10年で、現在の森社長が6代目。本当に由緒正しい老舗のお茶屋さんです。

煎茶レモングラスは、ちょっと身体が疲れたなってときのリラックスタイムに…、たとえば、デスクワークの一休みの時間に飲んでもらうのがいいかもです。

煎茶のさっぱり感とレモングラスのさわやかな香りが心地いい一杯

おもしろいのは、単に乾燥させたレモングラスとお茶の組み合わせじゃなくて、レモングラスの抽出液をフリーズドライして、香料代わりに入れているんです。だから、お茶を出したときにレモングラスの香りがめちゃくちゃ立ち上がる。全部、天然素材。2つとも、一切、香料が入っていません。

クローブは、身体を温める効能もあるし、血行促進・消化促進の作用もあります。そもそもが漢方にも使われるような存在。だからこそ、お休み前のリラックスタイムに飲んでもらえたら。

クローブの香りとほうじ茶の香ばしさがベストマッチ
chagama店長・天野裕太さん

ものすごく若く、ルックスもイマドキの店長なんですけど(笑)、実際にお話を聞くと、とてつもないお茶愛を感じました。知識量もすごいし、味わいの説明もすごくわかりやすいんですよ。

左から煎茶ラテ、焙じ茶ラテ、煎茶エスプレッソ

お茶だけじゃなくて、煎茶エスプレッソや煎茶ラテも出しているんですけど、なぜかって、「お茶はお年寄りの飲み物」みたいなイメージを打破したいと。「すそのを広げたい」「高校生に飲んでもらいたい」って思ってやっている。

高い志を持って、誠実にお茶と向き合ってるから、新しい提案にもしっかりと芯がある印象でした。

旅する気分で、土地ごとのお茶の風味を楽しむ

お茶は本当に、いろんな時間帯やシチュエーションで楽しめるものだと思っています。食後の日本茶だけじゃ、もったいないですよ。

北は北海道から、南は沖縄まで、これまでに開催した土地は18ヶ所以上、発掘した食材は3000種に及ぶ。

これまでに僕は、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国で食材を発掘する旅をしてきました。そんな中でも今回は、大きな驚きのあった、おいしいお茶ばかりを選んでいます。

DINING OUTは、生産者さんやクリエイターさんたちと一緒につくりあげるもの。今回のお茶のセレクトにしても、全員、生産者さんたちの顔が浮かぶものばかり。旅するような気分で、誰がどんな気持ちでつくっているのか、そのストーリーも含めて、土地ごとのお茶の風味を楽しんでもらえたらうれしいです。

この記事の商品

DINING OUT
幻の野外レストラン「DINING OUT」が厳選!今日本で一番飲むべき「本当に美味しいお茶」6種セット
売り切れ
¥5,500
商品を見る
DINING OUT
DINING OUT

生活シーンに合わせて楽しめる、3ブランド/6種のお茶を日本全国からセレクトしました。朝にスッキリするために、一息つく時間のお供に、様々な時間帯やシチュエーションに合わせて楽しんでほしいです。

関連記事

編集部

編集部

マグロラバー必見!「ブロック1kg」食べ尽くし おうちでマグロ解体ショー!

日本人はマグロが大好き。 でも意外と、 「マグロだけでお腹いっぱい!」 になれることって、あまりないですよね。 そこで僕たちは考えました。 「家で好きなだけマグロを食べたい!」 そんな、マグロラバーのみなさんの思いに 応えられる、最高の逸品を。 今日は、和歌山紀州勝浦から直送の 「生マグロ1kgブロック」を丸ごと使って とにかくマグロを食べ尽くす、 そんな食卓を提案させてください。 バツグンにおいしいのはもちろん、 愛するマグロと向き合って、 心を込めて捌くのって、 めちゃくちゃ楽しいんです!! ...この記事を見る

編集部

編集部

関西「家飲み」最前線!|Meets Regional × GOOD EAT CLUB 京/阪/神のめっちゃ旨い!集めました。

グルメを軸に、京阪神のゴキゲンを伝える月刊誌「Meets Regional」編集長の松尾修平です。 今回「関西のオモロい!旨い!」を多くの方々に知っていただきたく、GOOD EAT CLUBとコラボすることに。 誌面で取り上げた酒場&レストランの味をお家で楽しんでいただけるよう、神戸の中華、大阪のイタリアン、京都からは地野菜の名酒場…と、人気店の気の利いたお料理やおつまみを厳選しました。 ...この記事を見る

編集部

編集部

あなたはどっち? 鶏派と豚派に捧ぐ「鍋」の新定番&味変レシピ

さむ〜い季節はやっぱりお鍋! GOOD EAT CLUBのイチオシは、人気店の絶品鍋。 料理人であり自他ともに認める 「鶏ソムリエ」と「豚の匠」が 偏愛を込めて作り上げた最新作です。 あなたは鶏鍋? それとも豚鍋? いつもとちょっと違う新定番の鍋と一緒に 味変アイテムや凄技レシピも伝授します! ...この記事を見る

編集部

編集部

SAVVY×GOOD EAT CLUB 注目の関西スイーツ特集!|はじめまして、SAVVYです。

関西のライフスタイル誌「SAVVY」編集長の竹村匡己です。 突然ですがみなさん、甘いものはお好き…ですよね? 私たちSAVVYはおいしいスイーツ情報に絶対の自信があります! 京都・大阪・神戸を中心に独自の食文化が花ひらく関西。 このエリアは歴史的にみても、食のレベルが高く、おいしくって個性的なお店が多いんです。 それはスイーツにも言えること。全国のみなさんにぜひ知ってほしい、ひと口食べるだけでハッピーになれるお菓子がたくさんあるんです! ...この記事を見る

編集部

編集部

具材もスープもオールインワン!心躍るシャキシャキ食感 極み食材の鍋

新しい鍋を作っちゃいました。 具材とスープをセットにしたので、超簡単。 解凍するだけですぐに準備は完了。 しかも、ヘルシー。 鍋の魅力を知りつくした男が 作りあげた、究極の鍋。 ハマっても、知りませんよ! ...この記事を見る