『神の雫』の著者が厳選!家飲みを盛り上げる「祭ワイン」【祇園祭編】

『神の雫』の著者が厳選!家飲みを盛り上げる「祭ワイン」【祇園祭編】

人と人が集まって盛り上がる機会が、
ことごとく失われた2020年──。

そのひとつの象徴が
「祭りの消失」であった。

日本の四季を彩り、
人の心をひとつにしてきた
祭りの「華やぎ」を食卓を通じて
ひとりひとりの暮らしのなかに取り戻せば、
世の中をもっと明るくすることが
できるのではないか。

そんな想いから創ったのが、
今回ご紹介する「祭ワイン」セットである。

日本の祭りをモチーフにして、
泡・白・赤の3本×3つのワインセットを
選ばせてもらった。

王道の祇園祭、
優雅な七夕祭、
情熱のねぶた祭。

日本の家庭に、
今こそ祭りの華やぎが
灯っていくことを願う。

 

祇園祭のように、「伝統と革新」を重んじたワインたち

ひとつめのセットのテーマは「祇園祭」。最初のセットにふさわしい、一番スペシャルで王道な祭りをテーマとして選んでみた。祇園祭は伝統的な祭りだけれど、そこに関わっている人たちは新しい試みを続けている。そんな祇園祭ならではの「伝統と革新」というイメージを、この3本のワインは携えている。

このセットで選んだ泡・白・赤の3本はどれもフランスワインで、ボルドーとシャンパーニュ、昔ながらの産地の逸品だ。

300年以上前に製法が確立されたシャンパーニュ、世界遺産にも選ばれた古都サンテミリオン……。平安京から続く祭典と二重写しになる、ゆるぎない歴史に裏付けされた伝統美が、この3つのフランスワインに通底するイメージだ。

このセットの3本は、本当にスペシャルなワインたち。どれも神の雫ワインサロン・オリジナルワインから選んでいて、私たちが実際にワインを飲んでインスピレーションを得た言葉を名前としてつけ、ラベルも制作しているものだ。96セットをご用意したが、限定品で追加販売ができないので、気になる方はお急ぎあれ。

ロマンチックな味わいのシャンパーニュ「私を忘れないで」

1本目は、シャンパーニュ。やっぱり祭りのはじめには、泡を飲んでいただきたい。泡は一番華やかで、「さあ始めるぞ!」というスタートの瞬間にもっともふさわしいワインである。

最初このワインを飲んだときに、まず頭に浮かんだのは「クリスマスローズ」の花だった。クリスマスローズは、花壇の中で下を向きながら儚げに美しく花開いていて、あたかも「私を忘れないで」と訴えかけているような佇まいである。慎ましいけれど静かに、深い余韻を残すワインの雰囲気をそのままに、『私を忘れないで』という名前をつけた。

その名前のイメージのまま、どこかメランコリックでロマンチックな味わいと、印象的な香りと長い余韻を持っている。産地はシャンパンーニュ地方で、品種はシャルドネ。魚を始め、多くの食材に寄り添ってくれる。

多くの和食素材にマッチする「蜜柑色のスーパームーン」

2本目は、優しい味わいのセミヨン種中心の白ワイン。ボルドーにワイナリーを構え、「樽の魔術師」とまで呼ばれているエリック・モーラン氏が手がける逸品だ。

このワインで多く使用しているセミヨンというブドウ品種は、世界一の貴腐ワイン『シャトー・ディケム』とも同じ品種。だが製造方法が違うため貴腐ワインのような甘さはなく、すっきりとした辛口で、あとを引くちょっとはかなげな香りが魅力的である。

このワインを飲んだ瞬間、私たちは豊かなイメージに包まれた。それは、窓の外で明るく輝く美しい満月。蒼い月ではなく、穏やかで温かな蜜柑色の月。ワインを飲むとその月に向かって願いをかけたくなる……そんな物語が想起され、『蜜柑色のスーパームーン』と名付けた。

名前にもある通り、飲んだ瞬間、ほのかに蜜柑の香りが立ち込める。日本人に愛される温州蜜柑のような奥ゆかしい柑橘香が、多くの和食素材にマッチする。

10年の時が育んだ複雑さと包容力。「午後3時の太陽」

3本目には、2005年から10年間樽の中で熟成を重ねた、非常に貴重なボルドーの赤ワインを選んだ。10年の時が育んだ複雑さと包容力が、肉料理のポテンシャルを引き出してくれる。

シャトーのオーナーは『蜜柑色のスーパームーン』と同じくエリック・モーラン氏。ワイナリーを訪問した時、彼の奥さんが「採算が合わないからもう二度とやりたくない」と苦笑していた。試飲させてもらい、複雑で重厚な味わいに感動し、その場で在庫をすべてを買い取らせてほしいと申し出た。今後作られることのない、もう2度と買えない特別な1本だ。

飲んだ瞬間、大きく、力強く開ききっている太陽のように成熟したパワーを感じた。でもそれも、正午の太陽のような強さではなく、暮れなずむ直前の、最後の命の炎を燃やし尽くすような太陽のパワー……。その絶妙な太陽の感覚を表現したくて『午後三時の太陽』と名付けた。シンプルに、赤身肉のステーキなどに合わせてほしい。

名前通り「スペシャル」を詰め込んだセット

『私を忘れないで』『蜜柑色のスーパームーン』『午後三時の太陽』。

これらのワインはすべて、私たちが実際に飲んで、そのイメージに言葉を乗せて一つひとつに名前をつけた、まさに祇園祭のようにスペシャルなワインたちだ。

迷ったら、まずこのセットを選んでほしい。家族、恋人、そして大切な人たちと、食卓での華やかな祭りのひとときを楽しんでもらいたい。

この記事の商品

柴田屋酒店
【限定96個】『神の雫』の著者が選ぶ祇園祭ワイン3本セット
¥21,384
商品を見る
亜樹直
亜樹直

祇園祭セットのキーワードは「伝統と革新」。古きよき産地の逸品を集めた泡・白・赤のセット。迷ったらまずこのセットを選んでほしい!

柴田屋酒店
【36個限定!】『神の雫』の著者が選ぶ「七夕祭ワイン(3本セット)」
¥16,524
商品を見る
亜樹直
亜樹直

七夕祭セットのキーワードは「揺らぎと煌めき」。日本人が作っている、煌めく風を感じるような繊細なワインたちをぜひ楽しんでほしい!

柴田屋酒店
ワイン好き必見!未知の味わいで心奪われる/32 Via dei birrai スターターセット
売り切れ
¥8,360
商品を見る
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田

ミラノセレブも御用達。一口喉をくぐらせればたちまちビールの概念が変わります。それぞれはっきりした個性はそのまま飲んでも旨い。料理に合わせた楽しみ方もたまりません。くせになって抜け出せなくので要注意。

柴田屋酒店
野外でワインセット(白)[柴田屋酒店]/グラス付き!アウトドア飲み全部入りセット
売り切れ
¥4,840
商品を見る
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田

このセットが1つあれば野外で好きなだけワインを楽しめます!割れないグラスがセットなので移動中も現地でも安心安全。天気の良い日にこれがないともったいない!流行りの外飲みスタイルを美味しいワインとぜひ。

柴田屋酒店
野外でワインセット(赤・白)[柴田屋酒店]/グラス付き!アウトドア飲み全部入りセット
売り切れ
¥8,360
商品を見る
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田

このセットが1つあれば野外で好きなだけワインを楽しめます!割れないグラスがセットなので移動中も現地でも安心安全。天気の良い日にこれがないともったいない!流行りの外飲みスタイルを美味しいワインとぜひ。

柴田屋酒店
シチリアポッセンテ ワイン&オリーブオイル シチリアパスタソースセット
売り切れ
¥7,293
商品を見る
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田
GOOD EAT CLUBバイヤー・安田

本物のシチリア味を目指すPossente(ポッセンテ)が造るワインとオリーブオイル。同じシチリアのセットなので相性は抜群。本当に美味しいオリーブオイルに驚愕すること間違いなし。ぜひマリアージュを楽しんでください。

関連記事

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

酒職人・松本日出彦 武者修業の裏ストーリー 僕らの晩酌、栃木流。

僕は生まれ育った「松本酒造」を去り、 酒造りの武者修業に出ている。 声をかけてくれたのは、 オリジナリティを確立している 5蔵の蔵元たち。 彼らと日々、過ごす中で見えてきたこと。 それは日本酒がある地方ならではの景色、 人との交流、その土地にしかない 「酒と飯」の旨い出合いだ。 栃木・仙禽で造らせてもらったのは コラボ酒「仙禽×松本日出彦 オーガニック・ナチュール」。 この酒には、仙禽のお膝元・さくら市の名物 「ヤシオマス」と「鮎甘露煮」がピタリと合った。 この地ならではの、味わいのハーモナイズに どっぷり酔いしれてほしい。 ...この記事を見る

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

焼きたてパンとビールでゆる〜く乾杯。週末を満喫する「昼飲み」のススメ

秋晴れの週末。 朝から洗濯も済ませちゃって、 なんだか今日は気分もいいし 昼から一杯いっちゃおう。 近所の友達も呼んで、 焼きたてのパンと軽やかなビールで乾杯! ...この記事を見る

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

人気シェフの3stepレシピ付き! 秋の夜長の「酒とおつまみ」 日本酒 編

実りの秋は、心とカラダが“おいしい”を欲する季節です。 ナチュラルな造りがなされたお酒を ゆるりゆるりと飲みながら、お家ご飯を作り 秋の夜長を楽しむのはいかがでしょう。 自然派の日本酒に合わせたい 3ステップの簡単レシピを、 お酒好きのシェフが指南します。 ...この記事を見る

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

人気シェフの3stepレシピ付き! 秋の夜長の「酒とおつまみ」 ナチュラルワイン編

実りの秋は、心とカラダが“おいしい”を欲する季節です。 ナチュラルな造りがなされたお酒を ゆるりゆるりと飲みながら、お家ご飯を作り 秋の夜長を楽しむのはいかがでしょう。 ナチュラルワインに合わせたい 3ステップの簡単レシピを、 お酒好きのシェフが指南します! ...この記事を見る

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

聖なる酔っ払いの冒険クラブ

酒職人・松本日出彦、武者修行の裏ストーリー。僕らの晩酌、福岡流

僕は生まれ育った「松本酒造」を去り、 酒造りの武者修業に出ている。 声をかけてくれたのは、 オリジナリティを確立している 5蔵の蔵元たち。 彼らと日々、過ごす中で見えてきたこと。それは 日本酒がある地方ならではの景色、人との交流、 その土地にしかない「酒と飯」の旨い出合いだ。 福岡・白糸酒造で造らせてもらった コラボ酒「田中松本」。 そして、僕がこよなく愛する博多の人気居酒屋 赤坂こみかんで作られた「拓ちゃん明太子」を。 この地ならではの、味わいのハーモナイズに どっぷり酔いしれて欲しい。 ...この記事を見る