世界が羨む究極のうまみ!京の三ツ星「絶品出汁」南禅寺【瓢亭】

世界が羨む究極のうまみ!京の三ツ星「絶品出汁」南禅寺【瓢亭】

食で未来をつくる。
食を未来に繋いでいく。

GOOD EAT CLUBのスタートにあたって、
京都で日本料理の伝統を守り続けている
3人の名料理人をご紹介したい。

菊乃井の村田吉弘さん、
京都𠮷兆の徳岡邦夫さん、
瓢亭の髙橋義弘さん。
言うまでもなく、
ミシュランで3つ星を取り続けている
名店ばかりだ。

彼らは、『うまみ=UMAMI』が
世界中で注目を集めることになった、
立役者の3人といっても、
言い過ぎではないと思う。

僕は日本料理の『UMAMI』が
世界を救うと本気で思っている。
ローカロリーでヘルシーでありながら
おいしい日本料理を支えているのが、
『UMAMI』に他ならないからだ。

そんな『UMAMI』に命をかけている
3人の話を読んで欲しい。
きっとあなたも『UMAMI』を
未来に繋いでいくべきだと
思ってくれるだろう。

京都を代表する老舗が本気で挑んだ「ラーメン」

第3回は、瓢亭の髙橋義弘さんにお話を伺った。京都で400年の伝統を持つ料亭の味を守りながら、「鯛ラーメン」という新しいチャレンジをしている。

明石の鯛の刺身を作った際に出る骨やアラを無駄にせず、強さと繊細さを併せ持つ究極のだしをひいた。そんなサステイナブルな取り組みも、日本料理を未来に繋ぐべき理由なんだと思う。

また「ラーメン」という誰もがアクセスしやすい商品も、『UMAMI』を広めていくためにとても有効だ。なによりこのラーメン、どこにもないし、とにかく最高においしい!(楠本)

髙橋義弘。瓢亭15代当主。1974年京都府生まれ。茶店から400年以上の京料理の老舗・瓢亭14代目髙橋英一氏の長男として生まれる。東京の大学を卒業後、石川県・金沢の割烹【つる幸】で3年間修業の後1999年に帰洛、父のもと瓢亭の料理人として経験を積む。2015年代表取締役社長に就任、15代当主となる。

この「鯛ラーメン」を発表して以来「瓢亭がラーメンを、しかも鯛のだしで作った!?」と驚かれています。“400年の歴史を持つ老舗料亭”と“ラーメン”との間にギャップがあるのでしょうね。でも、実は私の中ではごく自然な発想でした。

というのも、うちの店では年間を通じて明石の真鯛のお造りをお出ししています。当然、骨やアラが大量に残るので、以前から骨の際の身をせせって「でんぶ」を作ったり、だしをひいたりしていました。ですから、ラーメンに仕立てればそのだしを存分に味わってもらえる、と考えたんです。

しかも、ラーメンは今や日本の国民食。お子様からお年寄りまで、幅広い層の皆さんにご自宅で手軽に楽しんでいただけるものをつくろう! と思いました。

伝統と革新、それを体現する味を探求する髙橋さん。

ラーメンのためのだしのひき方を研究

だしのひき方は、いろいろあります。塩をあてて余分な水分を出してからひく、あるいは焼いてから、塩麹をまぶし麹の力でうまみを増幅させてからなどなど。

今回、「鯛ラーメン」を作るにあたっては、天日干しした骨を使ってみました。今までやったことはありませんでしたが、干すとうまみが凝縮される。それがラーメンスープのベースに合うのでは、と思ったんです。

夏場なら2〜3日、冬場は1週間程度。季節や天候によって、干す期間を調整しています。これを軽く焼いてから、低温で焼いたトマトやセロリの葉、葱や生姜とともにじっくりと抽出。あくまで“和”の趣は大切にしたいこともあり、ニンニクは使っていません。

また、グラグラと煮立ててしまっては白濁してしまうので、ゆっくり滞留する程度の火加減を保ち、仕上げにこす。うっすら色づきながらもあくまで透明感ある、極上の鯛だしの完成です。

鯛+貝、うまみを重ねた和のダブルスープ。

この鯛のスープとは別に、貝のエキスも別袋で添えています。こちらは、アサリと干し貝柱をゆっくり煮出して詰めたもの。魚のうまみである「イノシン酸」に貝類のうまみの素である「コハク酸」を加えることで、より重層的な味わいになります。また鯛のスープだけですと魚の風味が前面に出すぎるので、それを中和させる役割も果たしています。

「スープを味わうための麺」を求めて。

さて、スープと並ぶもうひとつの主役は、やはり「麺」。これは、同じ京都にある、昭和6年創業の製麺会社「麺屋棣鄂(めんやていがく)」さんにお願いしました。夏の煮物椀でお出ししている「にゅうめん」のイメージで、「スープを味わうための麺」という考え方に基づいて、細いものをリクエストしました。

小麦粉のブレンド比率などが異なる6種類のサンプルを作っていただき試食を重ねた中から、短時間で茹でられ、かつ、すすったときの心地よさ、歯切れやのどごしの良さも加味。最終的に、低加水の極細麺に決定しました。

麺も具材も“オール京都”

具材に関してもこれまでにない味を、と心を砕きました。鯛をかたどった「鯛焼き麩」は、錦小路にある生麩専門店「麩嘉」さんによるもの。もともと、「麩嘉」は料理屋のオーダーに応じて中身入りの生麩を作っていらっしゃるので、その技術を生かして鯛味噌入りの生麩を作っていただきました。

また、塩麹漬けにした切り身は、従来おせちに入れているもの。ラーメンに欠かせない油脂分として「柚子オイル」もつけました。こちらは、鯛のお造り用にお店で作っているトマト醤油に使われているものです。さらに「黒七味」を振ると、味わいが引き締まってインパクトが増します。

瓢亭の威信にかけて作り出した1杯。

店でお出しする一番だしは、上質な昆布とまぐろ節だけで取るのが瓢亭の伝統です。が、今回「鯛ラーメン」にはそれを持ち込まない、と決めていました。

昆布もまぐろ節も今や貴重な食材ですし、その味はやはり懐石料理を通じて体験していただきたい。また、こだわることにこだわりすぎると無理がきかないし柔軟性がなくなるので、敢えてそこから離れて考えたかったのです。

でも、これまで店でやっていた様々な仕事がこの1杯に集約された! という商品が出来上がったと思います。仕事柄強い味の食べ物を控えているため、私自身はラーメン屋さんでラーメンを食べる機会はあまりないのですが、これは自分でも食べたいと思う味に仕上がりました。

瓢亭の技の結晶ともいえるこの「鯛ラーメン」を通じて、鯛のだしのうまさを知っていただいたり、懐石料理の世界に少しでも関心を持っていただけたら、こんなに嬉しいことはありません。

この記事の商品

南禅寺 瓢亭 本店
【毎週限定5個】「鯛ラーメン」2食セット[料亭・瓢亭](月曜21時締切|金曜発送)
売り切れ
¥5,400
商品を見る
楠本修二郎
楠本修二郎

明石の鯛の刺身を作った際に出る骨やアラを無駄にせず、強さと繊細さを併せ持つ究極の出汁を引いた。瓢亭400年の底力がラーメンに結実!

関連記事

編集部

編集部

マグロラバー必見!「ブロック1kg」食べ尽くし おうちでマグロ解体ショー!

日本人はマグロが大好き。 でも意外と、 「マグロだけでお腹いっぱい!」 になれることって、あまりないですよね。 そこで僕たちは考えました。 「家で好きなだけマグロを食べたい!」 そんな、マグロラバーのみなさんの思いに 応えられる、最高の逸品を。 今日は、和歌山紀州勝浦から直送の 「生マグロ1kgブロック」を丸ごと使って とにかくマグロを食べ尽くす、 そんな食卓を提案させてください。 バツグンにおいしいのはもちろん、 愛するマグロと向き合って、 心を込めて捌くのって、 めちゃくちゃ楽しいんです!! ...この記事を見る

編集部

編集部

関西「家飲み」最前線!|Meets Regional × GOOD EAT CLUB 京/阪/神のめっちゃ旨い!集めました。

グルメを軸に、京阪神のゴキゲンを伝える月刊誌「Meets Regional」編集長の松尾修平です。 今回「関西のオモロい!旨い!」を多くの方々に知っていただきたく、GOOD EAT CLUBとコラボすることに。 誌面で取り上げた酒場&レストランの味をお家で楽しんでいただけるよう、神戸の中華、大阪のイタリアン、京都からは地野菜の名酒場…と、人気店の気の利いたお料理やおつまみを厳選しました。 ...この記事を見る

編集部

編集部

あなたはどっち? 鶏派と豚派に捧ぐ「鍋」の新定番&味変レシピ

さむ〜い季節はやっぱりお鍋! GOOD EAT CLUBのイチオシは、人気店の絶品鍋。 料理人であり自他ともに認める 「鶏ソムリエ」と「豚の匠」が 偏愛を込めて作り上げた最新作です。 あなたは鶏鍋? それとも豚鍋? いつもとちょっと違う新定番の鍋と一緒に 味変アイテムや凄技レシピも伝授します! ...この記事を見る

編集部

編集部

SAVVY×GOOD EAT CLUB 注目の関西スイーツ特集!|はじめまして、SAVVYです。

関西のライフスタイル誌「SAVVY」編集長の竹村匡己です。 突然ですがみなさん、甘いものはお好き…ですよね? 私たちSAVVYはおいしいスイーツ情報に絶対の自信があります! 京都・大阪・神戸を中心に独自の食文化が花ひらく関西。 このエリアは歴史的にみても、食のレベルが高く、おいしくって個性的なお店が多いんです。 それはスイーツにも言えること。全国のみなさんにぜひ知ってほしい、ひと口食べるだけでハッピーになれるお菓子がたくさんあるんです! ...この記事を見る

編集部

編集部

具材もスープもオールインワン!心躍るシャキシャキ食感 極み食材の鍋

新しい鍋を作っちゃいました。 具材とスープをセットにしたので、超簡単。 解凍するだけですぐに準備は完了。 しかも、ヘルシー。 鍋の魅力を知りつくした男が 作りあげた、究極の鍋。 ハマっても、知りませんよ! ...この記事を見る